[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 160183
第3期 次世代法務リーダー養成講座 第1回例会
コーポレートガバナンスと法務部門の役割
   ~コーポレートガバナンスの確立と法務部門における業務領域等も踏まえて~

      ※本講座の全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2016年09月20日(火曜日) 13:30~18:00
アイビーホール(東京・表参道)

受講対象

おもに法務部、総務部門担当、並びに経営企画部門等マネージャークラスの皆様

講 師

富士フイルムホールディングス株式会社 経営企画部統括マネージャー
      兼 富士フイルム株式会社 法務部 次長  中島 研也氏
           

プログラム

開催主旨

   ここ数年、活発な議論がなされている「コーポレートガバナンス」に関し、法務部門が担っている業務領域を振り返りながら、法務部門がどのような役割を果たしうるのかを検討、議論します。
   多くの皆様のご参加を申し上げます。

プログラム 

◆13:30-15:00
      コーポレートガバナンスと法務部門の役割
         1.コーポレートガバナンスをめぐる昨今の論議の振返り
         2.株主総会、取締役会の運営と法務部門の関わり
         3.コーポレートガバナンス・コードと法務部門の関わり
         4.内部統制に対する法務部門の関与
         5.コンプライアンスと社内法務研修
         6.企業グループにおけるコーポレートガバナンス
         7.まとめと今後の課題

                  講師:富士フイルムホールディングス株式会社 経営企画部統括マネージャー兼
                           富士フイルム株式会社 法務部 次長          中島 研也氏

      次世代法務リーダーに求められるスキルの育成
         近年ビジネス環境が激変する中で、日本企業では事業活動のグローバル化への対応、企業不祥事への
         再発防止、企業買収に対する防衛、内部統制強化など、持続可能な発展を実現していく上で、企業の
         法務部門が果たすべき役割は一層大きくなってきております。
         そこで当講座では、次世代法務リーダーに求められる業務の棚卸しとスキルの育成を今回のテーマで
         ある【コーポレートガバナンスと法務部門の役割】から、実践論を研究して参りたいと存じます。     

                            講師:J&Cドリーム・アソシエイツ代表(前 伊藤ハム㈱法務部長)大澤 頼人氏

◆15:15~17:00
      課題解決のための徹底/全体討議 (講師を囲んでのゼミ形式)
         メンバーの問題意識、課題を集約し、前半のご講演の内容の確認と講師を中心にした質疑応答などを
         通して、課題解決を図る。
                     コーディネーター:J&Cドリーム・アソシエイツ代表(前 伊藤ハム㈱法務部長)大澤 頼人氏

◆17:10~18:00   懇親会        

受 講 料

会員:35,640円(本体 33,000円)/一般:38,880円(本体 36,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL 03-5215-3513 )