[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 160188
内部監査実務マスター・コース 第1回 (全9回)
内部監査体制の整備から年次監査計画のグランドデザイン

  ※本コースの全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2016年09月20日(火曜日) 14:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

内部監査、内部統制部門及び監査役室、リスクマネジメント担当部門 他の部門長、マネジャーの方々

講 師

公認会計士・公認内部監査人  藤井 範彰氏 

プログラム

■講義 内部監査体制の整備から年次監査計画のグランドデザイン

   個々の内部監査業務の実効性を上げるには、その前工程となる年次の計画作業や体制の構築がきわめて重要です。これが十分にできて全体としての企業監査の目的が達成可能になります。
   それは、第1に企業としての監査の目的にベクトルを合わせた監査業務の管理の仕組みを整備すること、第2に経営層の期待に整合したリスク評価をすること、第3にリスク・ベースの年次監査計画を策定することです。この点、リスクを見ているようで実はリスク・ベースになっていない内部監査部も見受けられます。
   これら一連のグランドデザインの検討が、今回のテーマです。経営層の意向に合わせてリスクを認識して、これを年次の監査計画につなげるには、それぞれの活動における技術ノウハウや作業プロセス、それを支えるインフラの整備とともに、これを実行するプロジェクト管理の仕組みと能力が必要となります。
   その基本形を提示するとともに、実務上の課題を検討していきます。

      1.経営者志向の内部監査のマネジメント ‐PDCAの構築
      2.年次リスク評価実務と監査計画へのつなぎ方 -リスク・ベースの作り方
      3.監査パターン(経営監査、業務監査等)と年次計画のグランドデザイン

■講義をベースとした(グループ)ディスカッション&総括コメント <16:00 ―17:00>
      ~自由討議・意見交換の中から課題解決のノウハウ、ヒントを探り実践に繋げていただきます~

受 講 料

会員:28,080円(本体 26,000円)/一般:31,320円(本体 29,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516 )