[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161529
中国現法の財務報告読解ポイント及びチェックのための基礎知識

開催日時・会場

2016年11月08日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経理部門、監査部門、税務・財務部門、海外子会社管理部門など関連部門のご担当者様

講 師

キャストコンサルティング(上海)有限公司 税理士  永野 弘子氏

プログラム

開催にあたって

   中国ビジネスを展開する上では、日本本社サイドにおいても中国特有の商習慣や会計・税務の概要と現地における実務の流れを理解しておく必要があります。
   中国現法から月次ベースで送付されてくる財務報告に対しては損益状況、キャッシュフロー状況のみのチェックに終わり、それ以上の突っ込んだチェックはできていない、少しのチェックで回避できるはずのリスクを見過ごしているということはないでしょうか。
   また内部監査のために現地に入っても、言葉(通訳)の問題等もあり、必要な資料がどのように作成、保管されているのかわからない、閲覧したい資料がでてこない等々の状況が発生することもあると思われます。
   今回のセミナーでは、中国現地法人が作成する財務報告を読み解くためのポイント、およびチェックのための基礎知識を、現地事情も交えながら分かりやすく解説いたします。

プログラム

1.  中国会計基礎概要
      (1)中国における会計実務の特徴と概略
      (2)会計帳簿の構成及び会計資料保存期間
      (3)会計科目コードの構成
      (4)日中会計処理の相違点
      (5)主要税務会計用語日中対訳

2. 中国現地法人が作成する財務諸表の構成と特徴
      (1)貸借対照表
      (2)損益計算書
      (3)キャッシュフロー計算書

3. 中国現地法人財務処理、税務申告フロー
      (1)月次決算から年末監査までの流れ
      (2)主たる税金及び申告方法

4. 財務チェックポイント
      (1)科目残高明細の活用
      (2)各勘定科目のチェックポイント

5. 内部監査/不正監査
      (1)内部監査時に要求する資料
      (2)不正監査のポイント

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )