[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161401
類型別事例にみる不祥事発生後の実務対応

  ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2016年09月27日(火曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門・経営企画部門・総務部門をご担当の方

講 師

長島・大野・常松法律事務所 弁護士  垰 尚義氏

プログラム

開催にあたって

   不祥事が発生した際には早い段階で適切な対応を取ることが極めて重要ですが、多くの企業において、不祥事とは「予期せぬ出来事」であり、誤った対応をすることによって行政処分や刑事処分の対象となってしまうなど、企業として大きなダメージを受ける二次的不祥事へと発展する事例も少なくありません。
   そこで本セミナーでは、不祥事対応の基礎・全体像の把握や二次不祥事リスクの理解など、管理部門対応者として押さえておきたい基本を解説致します。その上で昨今よく見られる特徴的な事例を取り上げ、不祥事発生時における効果的な対応方法を具体的に詳解致します。さらに、二次的不祥事への防止策とともに、再発防止に向けた管理体制見直しのポイントについても、実践的なケーススタディを用いて学んでいきます。

プログラム

Ⅰ.不祥事対応として押さえておきたい基本事項
      1.企業不祥事の最新動向、特徴
      2.不祥事による企業へのインパクト
      3.二次不祥事リスクの理解
      4.不祥事対応の基礎、全体像
      5.「上場会社における不祥事対応のプリンシプル」
               ~(日本取引所自主規制法人)のエッセンスの理解

Ⅱ.類型別の不祥事対応
      1.ケース①(不適切会計~売上高の前倒し計上等)
           (1)企業へのインパクト
                      ・民事責任/課徴金/上場廃止
           (2)陥りやすい誤った実務対応
                      ・経理・財務部門への一任    ・監査法人との不十分な意思疎通
           (3)適切な体制整備のポイント
                      ・管理部門一体としての対応   ・調査への協力体制の整備

      2.ケース②(データ偽装~燃費偽装等)
           (1)企業へのインパクト
                      ・民事責任/行政責任   ・被害者への補償
           (2)陥りやすい誤った実務対応
                      ・偽装情報の偏在     ・隠ぺい体質の継続
           (3)適切な体制整備のポイント
                      ・情報の早期の共有化   ・目標設定の合理化

      3.ケース③(ブラック企業問題~長時間労働・ハラスメント問題等)
           (1)企業へのインパクト
                      ・民事責任/刑事責任   ・過重労働撲滅特別対策班による指導・監督
           (2)陥りやすい誤った実務対応
                      ・悪しき慣例・慣行    ・幹部の先入観
           (3)適切な体制整備のポイント
                      ・労務管理の徹底     ・幹部への研修

Ⅲ.ケーススタディ
           ~仮説事例と実例に基づく不祥事発生後の実務対応の有るべき姿に関するディスカッション

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

田中(TEL 03-5215-3516 )