[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161551
実務に役立つ『契約』・『契約書』の基礎知識

  ※満席となりました。

開催日時・会場

2016年10月31日(月曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

・ビジネス契約を初めて担当される方
・ビジネス契約について基礎から体系的に習得されたい方

講 師

丸の内総合法律事務所 弁護士  太田 大三氏

プログラム

1.契約と契約書に関する基礎知識
      (1)「契約」とは、「契約書」とは何か
               1)契約とは               2)契約書とは
      (2)なぜ、「契約書」を作らなければならないのか ― 契約書の意味 ―
               1)証拠としての意味(トラブル予防機能)
               2)合意の形成・確認手段としての意味
               3)事実上の信用性
      (3)「契約書」の「読み方」
               1)「契約書」の文言の解釈の基本   2)「契約書」外の事情の解釈
      (4)契約書の「形式」に関する基礎知識
               1)形式的記載事項 2)契約書の通数 3)収入印紙
      (5)署名と印鑑 ― 署名や記名押印の方法は?
               1)署名と記名   2)印章(印鑑)の種類、効力 3)契約書における押印の種類
      (6)【演習】 契約書のチェック≪その1≫

2.契約書の「内容」に関する基礎知識
      (1)契約の内容(契約書の記載)は、どんなものでも全て効力を有するのか
               1)契約自由の原則  2)契約自由の原則の例外
      (2)契約書の各条項の一般的な構成イメージ
      (3)各当事者の履行内容に関する条項の例
               1)条項の作り方の基本的な考え方
               2)よく用いられる条項例
                        ・対価の支払条項・「目的物を渡す」条項
      (4)契約の効力の存続に関する条項の例
               1)契約期間(有効期間)と中途解約を定める条項
               2)契約の解除を定める条項
               3)反社会的勢力の排除条項(暴力団排除条項)
      (5)契約(の履行)に問題が発生した場合の条項の例
               1)期限の利益の喪失を定める条項 2)当事者間の損害賠償について定める条項
               3)第三者から損害賠償請求がなされた場合の当事者間の取り扱いを定める条項
      (6)一般条項の条項例
               1)合意管轄を定める条項  2)準拠法を定める条項  3)誠実義務を定める条項
      (7)【演習】契約書のチェック≪その2≫

3.具体的な各契約の契約書の作り方・読み方
      (1)契約書の条項作成の手順
      (2)契約書のサンプル・書式の利用方法
      (3)売買契約と売買契約書の注意点
               1)売買契約とは   2)売買契約書における注意点
      (4)業務委託と業務委託契約書の注意点
               1)業務委託契約とは 2)業務委託契約書における注意点
      (5)秘密保持契約と秘密保持契約書の注意点
               1)秘密保持契約とは 2)秘密保持契約書における注意点

※当日は、本テーマに関する最新情報を盛り込むため、講義内容・構成に若干の追加・修正が
   発生する場合がございます。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )