[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161562
オープン・イノベーション導入のためのコンセプトと具体的なステップ

開催日時・会場

2016年10月18日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発・新規事業・経営企画など関連部門のご担当者

講 師

株式会社アドライト 代表取締役  木村 忠昭氏

プログラム

開催にあたって

   本セミナーでは、近年注目が高まっているオープン・イノベーションをテーマに取り上げ、その基本と全体像から実際の最新オープン・イノベーション事例(大学、自治体、大企業、ベンチャー企業)についても紹介します。
   そしてオープン・イノベーションの具体的ステップに従い、オープン・イノベーションのプロジェクトをはじめるための対象領域の選定方法と連携先の選出方法、合わせて、必要となる思考フレームワーク(ラテラル・シンキングオズボーンのチェックリスト法、ビジネスモデルキャンバス)と具体的マネジメント手法の解説について余すところなくお伝えしていきます。
   さらには、関連するプロジェクトの実行にすぐさま役立てることができる、実践的な内容となっております。

プログラム

1.イントロダクション
      (1)オープン・イノベーションの意義と効果
      (2)オープン・イノベーションの分類

2.オープン・イノベーションの事例紹介
      (1)産学連携による共同研究プロジェクト(大学×大企業)
               ・複数の民間企業と大学研究室による共同研究プロジェクト
      (2)官民連携による地方創生プロジェクト(ベンチャー企業×自治体)
               ・技術系ベンチャー企業と自治体の連携による地方創生プロジェクト
      (3)インダストリー4.0時代の新規事業プロジェクト(ベンチャー企業×大企業)
               ・技術系ベンチャー企業とものづくり大企業との新規事業プロジェクト

3.オープン・イノベーションの具体的ステップ
      (1)プロジェクト型オープン・イノベーションの4つのステップ

4.オープン・イノベーションのはじめかた
      (1)対象となる領域や事業案の選定プロセス
      (2)アイデア着想のための思考フレームワーク
               ・ラテラル・シンキング(垂直思考と水平思考によるパラダイムシフト)
               ・オズボーンのチェックリスト法(9つの視点により新たなアイデアを着想)
               ・ビジネスモデルキャンバス(スタートアップ的アプローチでのリーンな事業立上)

5.外部との連携によるオープン・イノベーションのプロジェクト立上
      (1)連携する社外リソースや外部企業の選定・決定プロセス
      (2)外部企業・提案書の評価手法

6.オープン・イノベーションのプロジェクト・マネジメント
      (1)プロジェクトのマネジメントメソッド
      (2)リスク管理と具体的手法

7.オープン・イノベーションの効果測定と評価
      (1)PDCAサイクルによる効果測定とその応用
      (2)社内活性化へつなげるための巻き込み

8.おわりに

※コンサルティング業など講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )