[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161055
R&Dの価値創造力を高める『思考改革』

開催日時・会場

2016年10月03日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発部門、新規事業部門、知的財産部門など関連部門のご担当者

講 師

株式会社ケミストリーキューブ 代表取締役 イノベーションコンサルタント  平木 肇氏

プログラム

開催にあたって

   イノベーションがものづくり企業の成長戦略の柱となる中、価値創造力の向上がR&D現場の重要な課題となっています。しかし、実際のR&D現場では単発的な企画スキル研修やテーマ企画活動の実施などにとどまり、価値創造力の向上に対する戦略的、組織的かつ継続的な取り組みが十分行われているとは言い難い状況です。
   仕事の成果は「能力(スキル)」と「意欲」、そして「考え方」の掛け算で決まると言われます。組織として価値創造力の向上を図るためには、スキルを高めるための取り組みのみならず、イノベーションへ向けて、自社技術に対する捉え方と仕事の在り方(技術開発の在り方)を見直す考え方の改革、すなわち思考改革が鍵になります。
   本セミナーでは顧客価値を起点に、自社の製品・技術を捉えなおすことで技術者、研究者の思考改革を促すR&D現場の取り組みについて、(株)ケミストリーキューブが開発したシンプルかつ実践的な手法を解説します。

プログラム

1.変化するR&Dのミッションと現場の悩み
      (1) イノベーションの時代
            ・ものづくり企業を取り巻く変化
            ・イノベーションとは「価値の創造と具現化」
      (2) R&Dのミッションと現場の悩み
            ・経営戦略・事業戦略との整合から創発へ
            ・R&D現場の悩み
      (3) R&Dの価値創造力を高めるために
            ・価値創造力を高める3つの着眼
            ・各社の取り組み

2.思考改革のフレークワーク ~技術の構造化~
      (1) 基本的な問題認識
            ・仕事の成果=能力×意欲×考え方
            ・思考改革の狙い
      (2) 技術をどう考えるか
            ・技術に対する認識は案外バラバラ
            ・技術の5階層モデル ~技術を捉える5つの次元~
      (3) 思考改革の実践手法・技術の構造化とは
            ・2つの学習理論 ~ダブルループ学習と経験学習~
            ・実践手法:iMap(アイマップ)

3.技術の構造化(iMap)の実践
      (1) 考え方と実践ステップ
            ・iMap(アイマップ)の考え方
            ・実践ステップ
      (2) 顧客価値を捉えなおす ~価値コンセプトの設定~
            ・顧客価値に対する誤解  ~機能は価値ではない~
            ・顧客価値を考える視点
            ・価値コンセプトの切り口
            ・バリューカタログ ~顧客視点になりきる~
            ・顧客との対話による価値の練り上げ
      (3) 技術を捉えなおす ~技術の洗い出しと噛み砕き~
            ・技術を理解する基本フレーム ~技術と技能~
            ・技術を構成する2つの機能 ~目的機能と技術機能~
            ・目的機能の展開視点
            ・技術機能の展開視点
            ・技術の記述方法 ~IPOLフレーム~
      (4) 自社の強みを捉えなおす  ~技術の評価~
            ・技術を評価する目的と3つの軸
            ・顧客価値と技術の関係性を評価する
            ・技術の基盤性を評価する
            ・技術の強さを評価する(5)実践ポイントと活用
            ・ワイガヤで実践する
            ・活動が生み出す気づき
            ・イノベーションの探索と構想への活用

4.実践事例の紹介

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )