[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161560
研究開発戦略を推進する
研究開発費・製品開発費の配賦の考え方・進め方

開催日時・会場

2016年09月28日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画・経理・原価企画・原価管理・研究開発企画・事業部門の製品開発企画などにご在籍され:
 ・研究開発戦略立案に携わる皆様
 ・研究と開発の連携や開発の効率的な運用を進めたい皆様
 ・途上国市場での競争・勝ち残り戦略を原価企画・管理の視点から考察されたい皆様

講 師

コーポレート・インテリジェンス株式会社 代表取締役社長  武富 為嗣氏

プログラム

1. 日本企業の研究開発が直面している課題と解決の方向性
     ・イノベーションと途上国向けの製品開発の加速化

2. 収益管理の仕組みと研究開発の位置付け
     ・プロフィットセンターとコストセンター
     ・研究開発費はコストか?

3. 戦略的な原価の把握
     ・事業のくくりと戦略に連携した原価の把握

4. 研究開発の業務プロセスと原価の連携
     ・研究開発の業務プロセスと費用配分
     ・研究開発業務プロセスの設計
     ・製品コンセプトの明確化
     ・事業性評価と費用の配賦

5. 研究開発戦略と業務プロセスに連携した研究開発費の配賦の考え方・進め方
     ・フェーズに区切った研究開発費や製品開発費の配賦
     ・技術主導のハイリスク型研究開発の業務プロセス
     ・市場差別化・改善型のローリスク型研究開発の業務プロセス
     ・研究開発費の配賦の課題と活動基準原価(ABC)による原価の配賦
     ・標準原価と実際原価、原価差異

6. 製品開発組織とグローバル開発戦略に連携した原価企画・原価管理の考え方・進め方
     ・グローバル研究開発に対応するプロジェクト制とマトリクス組織
     ・グローバル開発の費用の配賦、移転価格
     ・途上国市場向けの原価企画と原価の配賦

7. 戦略と連携した研究開発の事業性評価への適用
     ・不確実性の把握
     ・原価と連動した収益性の把握
     ・研究開発の原価管理の業務の進め方の組織レベル

          ≪質疑応答・ディスカッション≫

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

早瀬(TEL 03-5215-3512 )