[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161507
ケーススタディで学ぶ中国における会社の移転 及び 清算の法的問題

開催日時・会場

2016年09月14日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

中国現地法人の会社移転、解散・清算業務を担当されているご担当者
上記業務についての知識を習得されたい方

講 師

君合弁護士事務所 パートナー 日本業務担当 弁護士  馬 軍氏

プログラム

開催にあたって

   日本企業の中国からの撤退が多く行われているなか、地元政府から何等かの理由で会社の移転を要請されたことがきっかけとなって、撤退に至ったケースが少なくありません。また、会社移転の方法として単純な住所変更だけではなく、移転元の会社を解散して、移転先において新規に会社を設立するという手法をとる場合も多くあります。
   このような会社移転プロジェクトが会社の解散清算プロジェクトに移り変わるケースは、移転に関する補償をどのように交渉すればよいか、また従業員の扱いをどうすればよいかなどの諸問題を含んでおり、スムーズな移転ないし解散清算を如何に進めていくかを慎重に検討する必要があると思われます。
   本セミナーではこのようなケースに関して、中国の法律を解説しながら、実務のポイントを説明してまいります。

プログラム

1.中国における会社移転
      (1)中国における会社移転に関する法律の概要
      (2)中国における会社移転時の補償項目
      (3)中国における会社移転時の実務ポイント

2.中国における会社解散
      (1)中国における会社解散に関する法律概要
      (2)中国における会社解散の手続き
      (3)中国における会社解散時の注意点

 

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )