[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161355
役員の業績評価・報酬改革

開催日時・会場

2016年09月07日(水曜日) 10:00~17:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事・総務・経営企画・関連事業部門等をご担当の方

講 師

和田倉門法律事務所      パートナー/弁護士    高田 剛氏
ペイ・ガバナンス日本株式会社 マネージング・パートナー 阿部 直彦氏

プログラム

★平成28年度税制改正の影響、コーポレートガバナンス・コードへの対応、
                        今年の株主総会事例も踏まえた「これからの役員報酬のあり方」★

★業績連動報酬・株式報酬の留意点、方針策定と開示対応、
                        報酬委員会の運営、年次賞与・長期インセンティブ設計のポイント★

■解説1法務・税務編(10:00-12:30)
 『平成28年度税制改正の影響、株主総会事例も踏まえた
                 役員報酬の設計見直しにおける法務・税務上の留意点』

1.役員報酬をめぐる最新動向
      (1)コーポレートガバナンス・コードへの対応
      (2)平成28年度税制改正(損金算入要件緩和)の影響

2.業績連動報酬における留意点
      (1)賞与
      (2)中期インセンティブ報酬

3.株式報酬における留意点
      (1)(株式報酬型)ストック・オプション
      (2)株式取得目的報酬
      (3)株式給付信託
      (4)有償ストック・オプション
      (5)譲渡制限株式

4.今年の株主総会事例から
      (1)株主総会議案事例
      (2)報酬方針開示事例

            【講師】和田倉門法律事務所 パートナー/弁護士 高田 剛氏

※最新の情報・動向に基づき、内容を一部変更させていただく場合があります。

■解説2制度設計編(13:30~17:30)
『コーポレートガバナンス・コードにおける経営者報酬に関する実務対応』

1.コーポレートガバナンス・コードにおける経営者報酬規制の解説
      (1)経営幹部・取締役の報酬を決定するにあたっての方針と手続
      (2)中長期的な企業の業績や潜在的リスクを反映させ、健全な起業家精神の発揮に資するような
               インセンティブ付けのある報酬とは
      (3)任意の報酬諮問委員会の活用や監査委員会(監査等委員会設置会社)について

2.コーポレートガバナンス・コード(報酬規制部分)への対応
            ~報酬方針の策定と開示対応、報酬委員会の設置・運営(決定手続き)
      (1)報酬方針とは(先進国ガバナンス規制に見る報酬方針の在り方の解説)
      (2)方針開示の事例研究(国内海外)と方針開示に関するベストエフォート
      (3)報酬諮問委員会の設置と運用に関するベストエフォートとその開示

3.経営者報酬の改革
      (1)報酬ガバナンス改革見直しのアプローチ
      (2)報酬の目的、水準とミックスの設定
      (3)年次賞与の設計
               ・KPI・業績評価指標の紹介と選択方法
               ・カリブレーション(目標水準、最低・最高目標の設定等支給レンジ)
      (4)長期インセンティブの設計
               ・改訂成長戦略2015における「株式報酬(譲渡制限付株式、パフォーマンスシェア)に関する整備」の
                  解説
               ・業績達成条件付制度設計におけるKPI・業績評価指標の紹介と選択方法とカリブレーション
               ・各種株式報酬制度における会計・税務の整理(※)
               ・長期インセンティブの選択肢の費用分析(※)
                     (株式報酬型ストックオプション、信託給付型、譲渡制限株式の会計費用・税務等の費用面からの
                        優劣比較)
               ・株式報酬に関する価値算定(ブラックショールズ、モンテカルロシミレーション、二項モデル等)
                                                                                                                                           (※)
      (5)グローバル報酬との調和の検討

            【講師】ペイ・ガバナンス日本株式会社 マネージング・パートナー 阿部 直彦氏

※解説2/制度設計編3.(4)3~5項は、KPMG税理士法人パートナー 伊東 康彦氏が解説します。
※講師とご同業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516)