[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161413
“円滑な社内合意”を形成する社内調整5つのポイント

開催日時・会場

2016年08月22日(月曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

社内部門間や利害関係者の調整をスムーズに行いたい方

講 師

一般社団法人日本コンセンサス・ビルディング協会 代表理事  小倉 広氏

プログラム

開催にあたって

   企業においてことを進めるには、社内調整が大切です。しかし、社内調整は一筋縄ではいきません。上長決裁者、同僚、部下、そして対立する利害関係者等様々な要因が絡み合い、社内調整は難航します。社内調整担当者は単なる説明能力に留まらず、利害関係者の中で合意形成を導き出すために相手の「目的・価値観」を引き出し、それらを踏まえたうえで互いが納得できる姿を提案する必要があります。
   そこで本講座では、社内調整の成否を決定づける利害関係者への対応について状況ごとに解説します。また、対立する利害関係者間で合意形成を得るための手法や合意形成に至るための会議におけるファシリテーション、さらには合意形成の流れをせき止める人物への対策について、多くの企業でのプロジェクト・マネジメントを行い、その経験から『コンセンサス・ビルディング 使える!合意形成術』(日経文庫)を著す等、社内調整に造詣の深い講師による解説を行います。

プログラム

ポイント1 上長決裁者の巻込み方
    ・ちゃぶ台返しの防ぎ方 「上長に『自分で決めた』と錯覚させる」
    ・ヘリコプターで山の頂上へ連れて行かない
    ・相手の力を利用する柔道話法
    ・上長と意思決定プロセスを共有するフレームワーク

ポイント2 部下、同僚の巻込み方~部下だって「自分で決めたい」~
    ・ポケットの中身をテーブルの上に出す 「知見付与」
    ・フィード・フォワードを円で重ねる 「予見付与」
    ・イイね!なるほど!を欠かさない 「承認付与」
    ・ダメ出しを良い出しに変えて伝える 「ネガポジ変換」

ポイント3 対立する利害関係者間の合意形成法
    ・別々の車から降りて同じバスに乗る 「WIN WIN原則でブレーンストーミング」   
    ・設計図を2枚書いてはいけない 「WIN WIN原則でドラフト」
    ・一つの彫刻に全員でノミを入れる 「WIN WIN原則でリバイス」

ポイント4 合意形成会議のファシリテーション
    ・ストラクチャーラウンドとグループサイズ変更
    ・アクノリッジメントとスポットライト
    ・カプセル怪獣投下

ポイント5 困ったちゃん対策
    ・壊れたレコードへの対処法
    ・ネガティブオーラへの対処法
    ・遅刻屋、欠席屋、中抜け屋への対処方

※理解度を深めるため、ケーススタディ討論等、参加型のセミナープログラムとなっております。
※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福田(TEL 03-5215-3512 )