[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161285
有効かつ効率的な『コンプライアンス態勢』づくりの着眼点

開催日時・会場

2016年08月03日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、総務部門、監査部門、人事部門などの関連部門において、
     コンプライアンス態勢の仕組みづくり、運用を担当されている皆様

講 師

東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役  青木 茂幸氏
(一般社団法人コンプライアンス推進機構 代表理事)

プログラム

1.企業におけるコンプライアンス態勢、内部統制の現状と課題
      (1)コンプライアンス態勢、内部統制の現状と課題
               ・コンプライアンス、内部統制の目的や実益が本当に理解されているか?
               ・組織と推進機能(文書化・マニュアル化、推進・啓発活動等)は有効か?
               ・業務の現場に適切に浸透し、実践されているか?
      (2)本質的なコンプライアンス・マネジメントの要請と態勢づくり
               ・コンプライアンス経営の目的と意義は本来どこにあるか
               ・経営手法として企業倫理・コンプライアンスの推進が有効な理由とは
      (3)コンプライアンス態勢、内部統制整備における「効率」の重要性
               ・「効率的な業務運営」を達成するための仕組みづくり

2.有効かつ効率的な仕組みづくりの着眼点
      (1)コンプライアンスの基本理念を浸透させる(理由、実益、動機付け)
      (2)機能する組織体制の着眼点
               ・経営陣、責任部署、コンプライアンス責任者の機能、権限
               ・マネジメントを巻き込み、推進する有効な手法とは
               ・他部署との関係と連携(法務・総務、CSR、顧客対応、苦情相談等)
      (3)企業倫理・コンプライアンス実践のプロセスづくり
               ・方針、規則、マニュアルの整理・簡素化
               ・教育・研修システムの見直し(内容、頻度、名称等)
               ・業務活動への組み込み
                    ‐ 職場主体の浸透活動(管理職・職員相互の助言・協力等)
                    ‐ 相互確認・職責分離の仕組みづくり
                    ‐ リスク評価と業務ローテーション
                    ‐ 部署評価・人事評価を含む制度改革
               ・機能する通達、報告・連絡の仕組みづくり
               ・業務活動とコンプライアンス態勢の在り方
                     (例)顧客への情報提供、説明に関する法令(景表法、不正競争防止法等)
      (4)内部監査・外部検証の有効活用
               ・規則チェックからシステム評価へ
               ・唯一可能な有効性と効率性評価の活用

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )