[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161486
ASEAN諸国の近時の法改正・トピック総点検
    ―ベトナム・シンガポール・ミャンマー編―

開催日時・会場

2016年08月08日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

ベトナム、シンガポール、ミャンマー関連のビジネスを担当されている方

講 師

東京コンサルティングファーム ベトナム駐在員    山口俊雄 氏
東京コンサルティングファーム シンガポール駐在員  岩城徳朗 氏
東京コンサルティングファーム ミャンマー駐在員   黒田真理 氏
                  ※都合により一部講師が変更になる場合がございます。

プログラム

開催にあたって

   ベトナムでは2015年7月の投資法、企業法の大きな改正に伴い、外資企業のベトナム進出が加速の一途をたどっており、シンガポールでは2016年から雇用法が変更となり、多くの企業が対応に迫られております。
   またミャンマーにおいても、2015年はティラワ工業団地の開業、2016年の政権交代や証券取引所の開業もあり、2016年は各国において、大きな変動の年と注目されております。
   本セミナーでは成熟したASEANの中心であるシンガポール、現在投資が盛んにおこなわれているベトナム、そして将来の成長期待が大きいミャンマー、この三ヵ国の駐在員が一堂に会し、各国の現状及び今後のASEAN各国の動向についてご案内させていただきます。

プログラム

1.ベトナム
      (1)2015年度の法改正(投資法、企業法)
               ・投資法
               ・企業法
               ・法改正の影響と現状
      (2)2016年度の法改正
               ・社会保険制度
               ・駐在員事務所に関する政令
               ・労働許可証
               ・ケーススタディ
      (3)その他ベトナムの動向
               ・移転価格税制
               ・税務調査 他

2.シンガポール
      (1)2016年雇用法改正の詳細
               ・シンガポールの労働環境
               ・2016年改正の内容と対応
               ・ケーススタディ
      (2)今後リスクが高まるタックスヘイブン国の実態
               ・タックスヘイブン対策税制の概要
               ・タックスヘイブン適用除外要件について
               ・ケーススタディ
      (3)ASEAN各国動向の概略(ベトナム、ミャンマーを除く)

3.ミャンマー
      (1)2015年話題の詳細
               ・ティラワ工業団地
               ・最低賃金の設定
      (2)2016年話題の詳細
               ・証券取引の開始
               ・政権交代後のミャンマー
      (3)その他ミャンマーの動向
               ・個人所得税 他

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )