[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161422
COP21後の戦略的カーボンマネジメント講座
~気候変動問題に係るビジネス上のキーワードと企業の戦略的対応~

開催日時・会場

2016年08月05日(金曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

R&D・研究開発・企画部門他

講 師

株式会社ブライトイノベーション 執行役員  荻巣 和紀氏

プログラム

開催にあたって

   人類最大の問題の一つである気候変動問題が深刻になるなか、その原因は企業などが排出する温室効果ガスであることが科学的にほぼ結論づけられ、昨年末に開催されたCOP21においても、世界的に脱炭素化に取組むことが決まりました。
   その後、Carbon Pricing(温室効果ガス排出への価格付け)やScience Based Target(科学的目標設定)といったビジネスに大きな影響を与える取組みにかかわる議論が世界的に進展し、今後、ビジネスへの影響は必至です。
   企業としては対応の巧拙により大きな財務的影響が想定され、さらには競争優位性や組織の存続そのものにも影響することが想定されます。そのため、気候変動問題にかかわるリスク・チャンスへの対応活動を開始するグローバル企業が増えつつありますが、その一方で、多くの企業は今後の社会的潮流はどうなるか、どのようにどのレベルまで対応すればよいか判断しかねています。
   本セミナーでは、気候変動問題の要点は何か?ビジネスへの影響は?企業にとってどのようなリスクやチャンスがあるのか?今後具体的にどのようにマネジメントすればよいか?環境マネジメントシステム/ISO14001における位置づけや関係性は?ブランドイメージ向上の鍵は何か? といった内容について、事例をふまえて解説します。

プログラム

1.気候変動問題と国内外の政策・活動の潮流
      (1)気候変動問題の変遷
      (2)COP21とその後の政策・活動の潮流

2.気候変動問題に係るビジネスにおけるキーワードと動向
      (1)気候変動問題とビジネスとの関連
      (2)Carbon Pricing(カーボンプライシング:温室効果ガス排出への価格付け)とその動向
      (3)Science Based Target(科学的目標設定)とその事例
      (4)バリューチェーン対応の必要性とその事例
      (5)その他キーワードとその事例

3.気候変動問題に係るリスク・チャンスの事例と必要な取組み
      (1)企業にとってのリスクとその事例
      (2)企業にとってのチャンスとその事例
      (3)リスク・チャンスをふまえた今後の取組みの必要性

4.競争優位を獲得する戦略的カーボンマネジメントとその事例
      (1)競争優位獲得のための戦略的カーボンマネジメントの概要
      (2)目標設定~削減プランニング~実施~開示~ブランディングの考え方・プロセス及び事例
      (3)環境マネジメントシステム/ISO14001における位置づけ/組込み

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )