[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161426
技術者の強みを活かす研究・開発技術者のための新商品企画法

  ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2016年08月04日(木曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発部門、新規事業部門、知的財産部門など関連部門のご担当者

講 師

アイディエーション・ジャパン株式会社 代表取締役社長  上村 輝之氏

プログラム

開催にあたって

   現在、企業規模の大小を問わず、多くの技術系企業で、新しい商品(製品、サービス、事業)を企画する必要性が高まっています。企業の業績がイノベーションの量と質に依存する度合いがますます高まっているからです。
   しかし、大半の技術系企業では、商品企画の専門家が存在せず、研究開発部門の技術者に商品企画が任されます。ほとんどの場合、具体的な企画プロセス、テクニックが社内に存在しません。
   この状況下で、技術者たちは慣れない新商品企画に困惑しています。特に「市場ニーズをつかめ」「売れる商品を考えろ」という要求に応えるのが最も苦手です。さらに、市場ニーズは潜在化し分かりにくくなっています。結局、企画は思うように進まず、なかなか成功しません。
   本セミナーでは、この問題を解消する商品企画法を提供します。この方法によれば、技術者がその強みを活かして技術面からアプローチしていくことで、自ずと市場の潜在ニーズにマッチする確率の高い商品コンセプトを、幾つも考案できます。
   この企画法は、既に米国で多数の企業や大学で活用され成果を上げきた実証済みの方法です。

プログラム

1.技術システム(製品、サービス)の進化の科学
      (1)なぜ技術システムは進化するのか?
      (2)成功者は進化の転機をとらえて次の進化方向を先取る
      (3)進化方向の先取りを可能にする“進化の法則”
      (4)なぜ、進化の法則を利用すべきか
      (5)進化の法則を利用して未来を設計する方法“DE (Directed Evolution)”

2.DEの強力ツール「技術進化のパターン」を学ぶ
      (1)技術進化のパターンとは何か?
      (2)技術進化パターンは人々の潜在ニーズを反映している
      (3)技術者の強みを活かす主要な技術進化パターンを用いたアプローチ
               1)理想性の向上
               2)機能の進化
               3)人間関与の減少
               4)要素の不均衡進化
               5)柔軟性と制御性の増加
               6)複雑化後簡素化
               7)ミクロ化
      (4)技術進化パターンの威力を複数の実例で紹介

3.DEによる新製品企画のプロセス
      (1)商品企画から市場投入までの標準的プロセス(ステージゲートプロセス)
      (2)商品企画の標準的プロセス
      (3)DEで商品コンセプトを立案する
      (4)商品コンセプト立案後に行うこと:潜在ニーズ検証、ビジネスプラン
      (5)DEによる商品コンセプト立案のプロセス

4.演習:DEによる製品コンセプト立案 

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )