[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161057
企業不正・不祥事発生時に求められる
        『行政機関(監督官庁等)対応』の心得と留意点

開催日時・会場

2016年08月05日(金曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務・総務・監査部門等をご担当の方

講 師

西村あさひ法律事務所 パートナー/弁護士  梅林 啓氏

プログラム

★「権限や法令上の根拠」「要求に応じるべき範囲」等、“行政機関による調査の実態”と対応のノウハウ★

1.企業不正・不祥事発生時における行政機関の調査
      (1)不正・不祥事発生時に企業を調査する行政機関の種類
               ・公正取引委員会、証券取引等監視委員会等(強大な権限を持つ「摘発型」行政機関)
               ・経産省、消費者庁、農水省、厚生労働省、国土交通省等(「一般的な」行政機関)
               ・米国司法省、FBI、欧州委員会等(外国の機関)/警察、検察(捜査機関)、など
      (2)行政機関による調査の概要と最近の傾向
               ・文書やデータの提出命令、立入検査+提出命令、質問への回答を求める報告命令、任意の事情聴取
      (3)実際に行政機関の調査対象となった企業が抱く疑問と不安
               ・この調査は任意なのか、強制なのか(調査の権限や法令上の根拠はあるのか)
               ・行政機関の要求にどこまで応じれば良いのか、交渉の余地はあるのか
               ・調査への回答に応じない、虚偽の回答や妨害をすると刑に処せられるのか
               ・疑われている嫌疑に納得できない場合、企業として防衛することはできないのか
               ・そもそも黙秘権はないのか、など

2.行政機関による調査の実態(類型別の特徴とポイント)
      (1)捜査(警察・検察など)の特徴とポイント
               ・強制捜査と任意捜査
      (2)犯則調査とは
               ・犯則調査の特徴と権限(強制or任意)
               ・行政機関側に対し、その手法や範囲について交渉する余地はあるか
      (3)行政調査とは
               ・行政調査の特徴と権限(強制or間接強制or任意)
               ・「摘発型」行政機関による行政調査のポイント/「一般の」行政機関による行政調査のポイント
               ・行政機関側に対し、その手法や範囲について交渉する余地はあるか

3.行政機関の調査対象となった際の企業の心得と実務
      (1)調査の状況把握
               ・関係する行政機関はどこか(想定外の行政機関が出てくる可能性、「摘発型」の場合の注意点など)
               ・行われるのは犯則調査か、行政調査か、捜査か
               ・要請されるのは強制か、任意か、間接強制か
      (2)事実関係の把握に向けた「社内調査」のポイント
               ・法令違反の有無、関与者及び法律的争点の整理
      (3)対応方針の決定と実務
               ・考慮すべき視点(法令違反のインパクト、関与役職員・従業員への影響など)
               ・対応組織の編成(構成メンバーの範囲、情報管理体制など)
               ・処分軽減を目指した交渉、争う場合の留意点
               ・社内外への公表時の留意点

4.具体的調査事例に見る対応の留意点 ~行政機関の着眼点、調査の流れ、他~
      (1)公正取引委員会による行政調査(カルテル事案)
               ・公正取引委員会「独占禁止法審査手続に関する指針」の公表(平成27年12月25日)
      (2)証券取引等監視委員会による開示検査(粉飾決算事案)
      (3)消費者庁による行政調査(食品偽装、優良誤認表示の事案)
      (4)一般行政庁省による行政調査

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516 )