[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161410
<会員研究会>
IoTが拓く未来の展望
~IoTは新たな産業革命になり得るのか~

  ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2016年06月28日(火曜日) 10:00~11:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画部門、事業企画部門など関連部門のご担当者

講 師

昭和女子大学 グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科 教授  湯川 抗氏

プログラム

開催にあたって

   当会は21世紀の企業経営に関わる経営戦略、人材開発、新規事業、研究開発・技術、知的財産、グローバル経営法務、革新事業の見学等部門や企業の壁を超え、様々な角度からテーマを設定し、正会員を対象に会員研究会を開催しております。
   昨今、IoTの実用化が現実味を帯びてきております。本格的な実用化までには乗り越えるべき様々な課題はあるものの、既存のビジネスの改善にとどまらず、新たなビジネスの創出、さらには産業構造を変える可能性すら持ち、次なる産業革命に対する期待を抱かせるまでになっております。
   一般にIoTは「モノのインターネット」とされ、モノがインターネットに繋がることと理解をされていますが、実際には、その本質はハードウエアがソフトウエアを使って情報処理を行い、日々自力で賢くなる点であり、今回はその本質を課題や事例を通して詳しく解説いたします。

プログラム

1.過去に語られた未来
      ・ビジョンの系譜
      ・AIとIA

2. 現在のIoTと起こりつつある変化
      ・変化するEmpowerment
      ・揺らぐ境界線(ハードとソフト、リアルとバーチャル、大企業とベンチャー)
      ・新たな産業革命

3.揺らぐハードウエア企業とソフトウエア企業の境界
      ・事例研究(Google,GE,Rethink Roboticsなど)

4. 揺らぐ大企業とハードウエアベンチャーの境界
      ・R&Dが困難?
      ・プロトタイピングが困難?
      ・投資の獲得が困難?

5. まとめ
      ・挑戦者の時代へ

<質疑応答>

受 講 料

会員:5,400円(本体 5,000円)/一般:16,200円(本体 15,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5215-3515 )