[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161291
経理担当者が実務で迷わない 本当に必要な固定資産の会計と税務

開催日時・会場

2016年08月30日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経理・財務・総務に配属され、固定資産をめぐる各段階での会計と税務処理の実務について学びたい方

講 師

松田会計事務所 所長 税理士  松田 修氏

プログラム

1 固定資産にはどんなものがあるか理解する
2 固定資産を取得したときの処理
3 減価償却計算 ~基礎知識から実務上の留意点、特殊ケースまで~
4 税務上の優遇措置である特別償却と割増償却
5 実務上最も判断に迷うことの多い資本的支出と修繕費
      (1)資本的支出と修繕費の例示
      (2)資本的支出の計算「使用可能期間を延長させる部分」「価値を増加させる部分」
      (3)資本的支出と修繕費の形式的区分基準
6 固定資産の除却・破棄処理と、固定資産の評価減をめぐる実務
7 リース会計・リース税務の概要
8 範囲の広い税法上の繰延資産の処理
9 近年の税制改正が減価償却制度に与えた影響
      (1)全額償却可能に?-残存価額の廃止
      (2)定額法・定率法の償却計算はどう変わる?
      (3)リースの取扱いが変更-リース取引関連税制
      (4)減価償却制度-200%定率法の導入
      (5)資本的支出と取扱い
      (6)書画骨董の取扱いの変更 他

【お願い】当日、電卓をお持ちください。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550 )