[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161054
R&D現場が実践する技術マーケティング

開催日時・会場

セッション-1    2016年07月19日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)
セッション-2    2016年07月20日(水曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

  ※2日間の講座となります。

受講対象

R&D部門、知的財産部門、新規事業部門、経営企画部門など関連部門のご担当者

講 師

株式会社ケミストリーキューブ 代表取締役  平木 肇氏

プログラム

開催にあたって

   ものづくり企業における成長戦略の柱として、イノベーションが位置づけられるなかで、R&Dによる技術マーケティングの重要性が高まっています。技術マーケティングは優れた自社技術を核にした未来の顧客価値創造へ向けて従来とは一線を画したR&D戦略の新機軸を生み出すための活動です。
   しかしながら実際のR&D現場では、「従来の延長線上の技術開発ばかりになっている」「お客様が言っている」「他社がやっている」といった見えている課題の対応に終始している、単発的に新テーマ企画には取り組んでいるが継続的・組織的な活動になっていないなど、現状に対して強い危機感を持っています。
   そこで今回、イノベーションに挑戦するR&Dの管理者及び担当者を対象として、未来へ向けた新機軸を生み出す技術マーケティングの実践ノウハウについて、(株)ケミストリーキューブが開発した独自手法をもとに演習を交えながら解説します。

プログラム

1.変化するR&Dへの期待と価値創造力の向上
      (1)イノベーションの時代
               ・ものづくり企業を取り巻く変化                  ・イノベーションとは「価値の創造と具現化」
      (2)変化するR&Dへの期待と現場の悩み
               ・経営戦略・事業戦略との整合から創発へ      ・R&D現場の悩み
      (3)価値創造力の向上を目指して
               ・R&Dの価値創造力を高める3つの着眼      ・各社の事例

2.「技術マーケティング」実践のフレームワーク
      (1)技術マーケティングの狙い
               ・マーケティングとの違い                  ・イノベーションを生み出す3つのアプローチ
      (2)技術をマネジメントすることの難しさ
               ・技術に対する認識は案外ばらばら      ・細分化の罠 ~枝を見えるが森は見えず~
      (3)技術をどう捉えるか
               ・技術の5階層モデル
      (4)技術マーケティングの実践プロセス
               ・実践モジュールと基本プロセス         ・実践のコアツール:iMap(アイマップ)

3.自社技術の構造化
      (1)価値コンセプトの抽出と検証
               ・顧客価値の考え方~価値は機能ではない~   ・顧客価値を考える視点
               ・価値コンセプトの切り口                           ・顧客インタビューの実施ポイント
      (2)技術の捉え方
               ・技術の基本フレーム~技術と技能~            ・機能を中心に技術を記述する
               ・機能⇒目的機能+技術機能                         ・技術の分類/技術の構造
      (3)技術の洗い出しと噛み砕き
               ・技術の洗い出し~価値を起点とした技術の展開~
               ・技術の噛み砕き~技術を起点とした価値の展開~
               ・技術の分解~IPOLフレーム~
      (4)技術の評価
               ・技術の強さ ⇒ 独自性 × 完成度
               ・独自性を評価するフレームワーク
               ・完成度を評価するフレームワーク

4.グループ演習
         3~5人のグループにて、仮想事例による演習を行います。

5.価値の革新 ~既存の市場・商品の価値革新~
      (1)顧客の困りごとを引き出す
               ・顧客の課題を考察する3つの眼                  ・MMT(マクロ・ミクロ・トレンド)分析
      (2)攻め方のストーリーを描く
               ・セグメンテーションとターゲッティング      ・顧客マップ~実践的セグメンテーション~
               ・ターゲッティングの考え方
      (3)ソリューションを構想する
               ・顧客の「ワオ!」を想像する2つの視点      ・ソリューション構想の切り口(4×4マトリクス)
               ・バリューカタログ ~顧客目線になりきる~
      (4)仮説検証サイクルをつくる
               ・顧客との対話による価値の検証

6.技術の展開 ~新たな市場・商品への技術展開~
      (1)技術展開のフレームワーク
               ・技術展開の事例               ・技術展開の実践ステップ
      (2)イノベーション探索の方法と実践ポイント
               ・探索の切り口を決める      ・3つの基本アプローチ
               ・特許情報を活用したイノベーション仮説の抽出
               ・仮説を選択するための評価フレーム

7.イノベーション戦略
      (1)技術群(TVP)の設定
               ・iMap(アイマップ)の練り上げ            ・価値を起点として技術を束ねる
      (2)技術群(TVP)の設定と選択する
               ・技術群(TVP)のタイプ                        ・技術の難易度のフレームワーク
               ・価値のインパクト評価のフレームワーク
      (3)イノベーション・ロードマップを描く
               ・価値(TVP)ポートフォリオ                  ・重点技術群の選択とR&D方針の設定
               ・オープンイノベーションの肝は価値の設定   ・TVPを基本単位としたイノベーションシナリオ

8.実践事例の紹介

9.グループ演習
         3~5人のグループにて、仮想事例による演習を行います。

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:54,000円(本体 50,000円)/一般:59,400円(本体 55,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )