[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161376
部課長向け
「製造業R&Dマネジメントの鉄則」
-成功・失敗事例で見極める成否の分かれ目!-

開催日時・会場

2016年08月01日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

R&D・研究開発・企画部門他

講 師

PwCコンサルティング合同会社 シニアマネージャー  新井本 昌宏氏(にいもと まさひろ)
PwCコンサルティング合同会社 マネージャー     渡辺 智宏氏(わたなべ ともひろ)

プログラム

開催にあたって

   製造業のR&Dはマネージャーごとのマネジメント水準のバラツキが比較的大きい領域です。その理由は大きく2つあります。
   一つはマネジメントすべきことが幅広いためです。例を挙げると、技術戦略策定、研究開発投資最適化、研究開発体制構築、研究開発テーマの創出/選定/推進、研究開発プロセス整備、技術資産蓄積、技術者育成など、枚挙にいとまがない上、これらが互いに関係しているためマネージャーのマネジメントできている範囲の違いで結果に差が出てしまうのです。
   もうひとつの理由は、守秘性が高い領域であり参考となる情報が少ないためです。各マネージャーが試行錯誤しながらスキルアップせざるを得ない状況のため、資質、経験、環境などの違いで差ができてしまいます。
   本セミナーではR&Dマネジメントを効率的・効果的にレベルアップしていくための土台として、R&Dマネジメント全体を俯瞰した体系を理解することを目的とします。その理解のための教材として、様々な企業での成功事例や失敗事例を取り上げることで様々な企業で生身のマネージャーが苦労してきたことを実感していただき、鉄則を腑に落としていただきます。
   また自社のR&Dマネジメント水準を診断する演習を行っていただき、明日から実施すべき改善ポイントを見極めていただきます。R&Dマネジメントを根本的に改善していきたいと考えている研究、開発、設計、生産技術、品質保証新規事業開発などの部門の部課長のご参加をお待ちしております。

プログラム

1.R&Dマネジメントのフレームワーク

2.開発設計戦略
      (1)製品・サービス戦略
      (2)プラットフォーム戦略(投資戦略)
      (3)組織・人材戦略
      (4)開発設計戦略のマネジメント水準診断演習

3.開発設計プラットフォーム
      (1)プロセス
      (2)製品モジュール
      (3)ナレッジ/技術資産
      (4)ツール/設備
      (5)開発設計プラットフォームのマネジメント水準診断演習

4.開発設計業務推進能力
      (1)プロジェクトマネジメント
      (2)組織運営/人材育成
      (3)開発設計プラットフォームのマネジメント水準診断演習

5.R&Dマネジメント水準アップに向けて

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )