[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161334
技術者が押さえておくべき「特許戦略」の基礎知識

開催日時・会場

2016年06月13日(月曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発部門、知的財産部門などご担当の方

講 師

特許戦略コンサルタント  鷲尾 裕之氏

プログラム

開催にあたって

   経営戦略・事業戦略に資する特許戦略を遂行するためには、研究者・技術者が特許戦略を意識した研究開発をする必要があります。研究者・技術者が特許戦略を意識していないと、事業への他社の参入を阻止できないで単なる価格競争に陥ったり、せっかく研究開発した成果が他社の特許を侵害して権利行使をされ、事業撤退を余儀なくされたりします。逆に、研究者・技術者が特許戦略を知ることで他社に対して優位な事業を展開することが可能となります。
   本セミナーでは、特許戦略業務15年のベテラン講師が「研究者・技術者が持つべき必須の特許戦略理論」をわかりやすく解説いたします。

プログラム

1. 特許戦略の基本
      (1)公開された特許情報を見れば他社の戦略がわかる
      (2)特許の役目が終わるとき
      (3)延命措置
      (4)技術の進歩とは
      (5)パイオニア発明特許を権利化すればその事業は安泰か
      (6)特許を取ることと侵害は分けて考えるもの

2. 調査
      (1)テクより読み込み
      (2)物まね防止か他社に侵害させ事業参入阻害か

3. 儲けるとは、どういうことか
      (1)無効審判する側かされる側か
      (2)とりあえず権利化してしまう意味
      (3)後発メーカーの戦略とは

4. 侵害発見
      (1)コンペティター製品調査
      (2)特許の力とは

5. 現在と将来の市場を特許から予測する
      (1)権利化をあきらめた特許出願の意味
      (2)権利を維持している特許の意味
      (3)傾向は存在する
      (4)特許の「従来技術」「解決すべき課題」「効果」から未来が見える

6. 実例

※質疑応答につきましては適宜行います。
※講師と同業の方のご参加はご遠慮ください。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

横谷(TEL 03-5215-3513 )