[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161276
M&A契約の交渉:実践編

開催日時・会場

2016年06月21日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画部門の方もしくは法務・国際部門等に所属され、実務でM&A契約交渉に携わっている方

講 師

スキャデン・アープス法律事務所 弁護士  熊木 明氏

プログラム

開催にあたって

   本講座では、M&A契約における交渉の実務感覚・罠の所在・落としどころのつけ方を理解することを目的としています。ケースを設定し、どのように対応すべきかといった観点から具体的に検討します。

プログラム

1.総論
   (1)M&A契約の構造
   (2)交渉にあたって準備すべきこと
   (3)弁護士に確認すべきこととは?弁護士を入れることで交渉がまとまりにくくなるケース
               弁護士に聞く内容としての「どこを妥協すべきか」「相手の主張を受け入れたとして
               そのリスクは何か」の大きな違いを理解しているか

2.各論
   (1)デューディリジェンス発見事項
   (2)買収実行の前提条件において陥りがちな誤解
   (3)価格調整条項をきちんと理解しているか
   (4)税務負担
   (5)売主のクレジットリスク
   (6)グループの一部切り離し型の買収における買収実行後の機能の補完

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550 )