[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161283
職員の過誤によるコンプライアンス違反対策と
外部委託先・グループ会社におけるコンプライアンス違反対策

開催日時・会場

2016年05月27日(金曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、総務部門、監査部門、人事部門など関連部門のご担当者

講 師

小沢・秋山法律事務所 弁護士  香月 裕爾氏

プログラム

開催にあたって

   企業職員の過誤によるコンプライアンス違反が問題視されています。例えば、安易なSNSの利用による顧客情報漏えい、うっかりハラスメントなどです。加えて、食品の廃棄処分の外部委託先が横流しをするという、あり得ない行為が横行しています。
   外部委託先が顧客情報を横流ししたとすれば、企業が受けるダメージは甚大です。さらには、子会社等のグループ企業におけるコンプライアンスの徹底をどのように実現するかということも、会社法改正によって企業集団における内部統制が実現したことから、克服すべき課題となっています。
   そこで本セミナーでは、これらの事象のリスクと防止策について考えてみます。

プログラム

1 事例に学ぶ過誤によるコンプライアンス違反とその対応策

  1.SNSによるうっかり顧客情報の漏えい
        (1)問題の所在
        (2)具体例
        (3)リスクと責任
        (4)防止策

  2.うっかりインサイダー規制違反
        (1)うっかりインサイダー規制違反とは
        (2)インサイダー規制違反に関するリスク
        (3)防止策

  3.うっかりハラスメント
        (1)ハラスメントの多様化
        (2)うっかり環境型セクハラ事例
        (3)うっかりパワハラ事例
        (4)企業の責任
        (5)加害者の法的責任
        (6)防止策

2 外部委託先におけるコンプライアンス対策

  4.外部委託先管理の要諦
        (1)問題の所在
        (2)外部委託に対する管理体制
        (3)外部委託先の選定
        (4)外部委託契約の内容
        (5)外部委託先の管理と監督
        (6)契約の解消と事後措置

3 グループ会社におけるコンプライアンス対策

  5.企業集団におけるコンプライアンスの推進
        (1)問題の所在
        (2)担当部署と責任者の設置
        (3)規程等の整備
        (4)通報制度
        (5)親会社による監査

  6.質疑応答

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )