[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161257
リスク発生時における必要十分な「社内調査・監査」の実務

開催日時・会場

2016年05月24日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、総務部門、監査部門など関連部門のご担当者

講 師

アサミ経営法律事務所 代表弁護士  浅見 隆行氏

プログラム

開催にあたって

   近年の相次ぐ企業不祥事では、発生させた企業の危機管理が厳しく問われます。特に、コンプライアンス意識の高まった昨今はマスメディアをはじめ、市場や消費者の目が厳しさを増しています。そのため実際に不祥事が発生した際の対応について、日頃からその内容や実効性を確認しておくことが重要です。
   そこで本講座では、不祥事で失墜した企業の信頼を回復させるために行われる社内調査と監査について、実務上のポイントをわかりやすく解説いたします。具体的にはリスク発生時の初動対応、社内調査や監査の方法、第三者委員会の設置検討、報告書の作成等について詳細に考察いたします。

プログラム

1.最近のリスク発生時における企業の動向
      (1)会社法改正に伴う社内調査・監査と監査役監査の強化
      (2)リスク発生時の企業の動向
               ・自主的な社内調査で済ますケース
               ・第三者委員会に調査を託すケース
      (3)リスクが発生時の第三者委員会設置の要否・判断基準

2.社内調査・監査を行う目的
      (1)リスク発生の予防と早期解決
      (2)取締役の責任
      (3)信頼回復と企業の社会的責任
      (4)第三者委員会による調査と社内調査・監査の違い

3.社内調査・監査の方法論
      (1)誰が調査するのか
               ・取締役会と社内コンプライアンス委員会等との関係
               ・内部調査メンバー、内部監査室、監査役補助使用人等の位置づけ
               ・社外メンバーを利用する場合の留意点(外部識者、第三者委員会)
               ・社内調査・監査と監査役監査と第三者委員会との関係
      (2)社内調査・監査だけで済むケース、第三者委員会に調査を託すケースの判断基準
      (3)何を調査するのか
               ・事実の把握(ファクト・ファインディング)と原因の究明の留意点
      (4)どのように調査するのか
               ・資料収集のコツ(紙媒体、電子媒体、コンピュータなど)
               ・調査会社など社外専門業者との協力
               ・社内役職員等へのヒアリングのコツ
                     →ヒアリングは誰が行うのか
                     →取引先など社外の者へのヒアリングの可否
               ・調査対象者の身柄確保
               ・調査への協力義務はあるのか
      (5)第三者委員会から協力を求められた場合の対応

4.社内調査・監査後
      (1)調査報告書の作成
               ・調査報告書のトーン
               ・調査報告書には、何を記載すればよいのか
               ・調査報告書は、公表すべきか
               ・社内調査による調査報告書と、第三者委員会が作成した報告書との関係
      (2)再発防止策
               ・取締役会による再発防止策の決定への提言
               ・第三者委員会による再発防止策の提案を、どう受けとめるか
               ・社内への周知方法
      (3)社内処分
               ・社内処分の手続とタイミング
      (4)対外公表
               ・公表の是非・要否の判断基準
               ・なぜ公表するのか
               ・リスクに応じた効果的な公表方法
               ・社内調査の報告書の内容すべてを公表すべきか

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )