[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161267
M&Aにおける『知的財産実務』の勘所

開催日時・会場

2016年05月30日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

知的財産部門、法務部門、総務部門、経理財務部門など関連部門のご担当者

講 師

監査法人アヴァンティア 公認会計士           木村 直人氏
みらい総合法律事務所  弁護士・公認会計士試験合格者  横張 清威氏

プログラム

開催にあたって

   昨今のM&A実務においては買収対象となる経営資源の中でも、特に知的財産が重要な意味を持つケースが少なくありません。
   その一方で、無形の資産であるがゆえに財務・法務における難しい問題に実務上頭を悩ますことも多くなっているのが現実です。
   そこで、M&Aにおける知的財産に関する基礎的な知識に加えて、実務における勘所を公認会計士と弁護士のそれぞれの立場から平易に解説いたします。

プログラム

1.総論
         ・M&Aと知的財産を巡る最近の環境
         ・M&Aの対象となる無形資産と知的財産
         ・M&Aにおける知財に係る各種の論点

2.M&Aと知的財産に係る財務上の論点
      (1)M&Aと知的財産に関する会計ルールの基本
               ・会計基準における無形資産と知的財産
               ・知財投資に関する会計ルールの全体像
               ・M&Aによる知財の資産化のイメージ
               ・M&Aによる知財の認識プロセス(Purchase Price Allocation)
               ・PPAが明らかにするM&Aの意味
               ・PPAとM&Aに対する説明責任               
               ・M&Aにおいて認識される知的財産の具体例
      (2)M&Aにおける知的財産の評価
               ・M&Aの各フェーズにおける知財評価の局面
               ・知的財産の評価アプローチの基本
               ・知的財産に対するDCF法適用のポイント
               ・ロイヤリティ免除法による評価のポイント
               ・その他の評価手法のポイント

3.M&Aと知的財産に係る法務上の論点
      (1)M&Aで検討対象となる知的財産権の概要
               ・産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権等)
               ・著作権
               ・不正競争防止法に基づく営業秘密の保護
      (2)法務IPDDの基本的な視点
               ・法務IPDDの3ポイント
               ・知的財産の特殊性
               ・資料開示における注意点
               ・現地立会いにおける注意点
               ・M&Aストラクチャーごとの注意点
      (3)知的財産権の個別テーマ
               ・IPDDの主要検討事項
               ・営業秘密(不正競争防止法)のポイント
               ・産業財産権の移転方法
               ・ライセンス契約の注意点
               ・共同開発契約の注意点
               ・最終契約書における知的財産権の位置付け
               ・IPDDのグローバル問題

※当日は最新情報を盛り込む関係上、講義内容を若干変更する可能性がございます。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )