[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161248
≪5月開催≫内部統制担当者基礎講座

開催日時・会場

2016年05月16日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

内部監査部門のご担当者

講 師

KPMGコンサルティング株式会社 マネジャー  伊勢 悠司氏

プログラム

 開催にあたって

   財務報告に係る内部統制報告制度が導入され、複数年が経過しました。内部統制報告制度への対応は、法規制への対応という側面が強いため、まずはその制度・仕組みの全体像・概要を理解した上で、実務上のポイントを素早く効率的に押さえることが肝要です。
   また、制度上の要点を押さえつつ、かつ会社にとって価値のある実効性の高い内部統制を構築するためには、対応実務例を多く知ることも重要となってきます。
   本セミナーでは、新たに内部統制の構築や評価の担当者になられた方や内部統制担当部門に着任されて間もない方また、改めて内部統制の基礎実務を学ぼうとする方を対象に、内部統制制度の枠組みや実務(文書化、整備状況評価、および運用状況評価)での基本的な実施方法とポイントについて、内部統制報告制度への対応実務例も含めながら解説します。
   また、内部統制の評価に際して実務上よく課題や議論となる点についてもなるべく触れるようにして解説致しますので、内部統制の評価等を経験された方にとっても、さらなる改善のための示唆・ヒントが得られるセミナーになると考えます。

プログラム

1.わが国の内部統制関連制度の動向
      (1)わが国の内部統制関連制度
      (2)内部統制関連制度等の動向

2.内部統制のフレームワーク
      (1)内部統制とは
               ・定義
               ・内部統制を理解する上でのキーワードの解説
      (2)内部統制の目的と構成要素
      (3)内部統制の限界
      (4)内部統制報告制度で求められる「内部統制」
      (5)「意見書」の概説

3.内部統制報告制度の概要
      (1)評価の枠組み
      (2)評価範囲の決定
      (3)全社的な内部統制
      (4)業務プロセスに係る内部統制
      (5)決算・財務報告プロセスに係る内部統制
      (6)ITに関する内部統制
      (7)開示すべき重要な不備

4.内部統制の評価
      (1)文書化
               ・文書化の流れ
               ・作成文書のイメージ、作成のポイント(フローチャート、RCM)
               ・アサーションについて
               ・統制の種類(予防的統制/発見的統制、自動化統制/マニュアル統制等)
      (2)整備状況評価
               ・整備状況評価の流れ
               ・整備状況評価実施のポイント
               ・評価手法等
      (3)運用状況評価の流れ、方法およびポイント
               ・運用状況評価の流れ
               ・運用状況評価実施のポイント
               ・評価手法等
      (4)不備の評価・是正
               ・不備の評価手順
               ・不備の是正

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )