[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161185
契約解消をめぐる法律問題と実務対策

開催日時・会場

2016年05月31日(火曜日) 13:00~17:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、購買部門、総務部門、営業管理部門、知的財産部門など契約実務に携わるご担当者

講 師

村田・若槻法律事務所 弁護士  若槻 哲太郎氏

プログラム

第1 継続的(供給)契約関係論の理解
  1 契約自由の原則
  2 継続的供給契約が成立した場合に受ける影響
         (1) 損害賠償
                  ~信頼利益、得べかりし利益、投下資本の賠償、慰謝料 その他~
         (2)商品供給の強制
         (3)予告期間
         (4)その他

  3 継続的供給契約の成否の検討
         (1)契約書の存否及び内容
         (2)当事者の属性・立場、解消者側の事情・被解消者側の事情
         (3)契約対象物の性質・市場特性
         (4)取引の開始から解消までの経緯
         (5)取引された期間、実績
         (6)被解消者の貢献度
         (7)契約終了時の事情

  4 契約期間の有無による異同
         (1)契約期間の定めのない場合
         (2)契約期間の定めのある場合
                  ~契約期間中の解消、期間満了に伴う解消~

第2 契約解消に関する実務的指針
  1 相手方の態様による区分
         (1)相手方に特段の問題がない場合
         (2)相手方に問題のある場合
         (3)個別事例の検討
                  ~信用不安、代金不払いなど、約20の事例を紹介~

  2 契約解消時の留意事項
         (1) 独占禁止法への配慮
         (2)仮差押、仮処分への配慮
         (3)契約解消までの発注方法、相手方との交渉方法等
         (4)その他

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550 )