[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151923
グローバル企業(IBM)における業務プロセスの改革・統合
~本社主導で実践する劇的な経営改革の進め方~

開催日時・会場

2016年03月23日(水曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

  ※会場が「NHK青山荘」から変更になりました(3/15変更)

受講対象

おもに経営企画部門並びに国際事業部門のご担当者ならびにマネージャークラスの皆様

講 師

株式会社ストラテジスト 代表取締役(元 パナソニック(株)中国本部及び広州事務所長  太田 謙二氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 CIOサービスJapan 担当理事  筧 悦子氏 

プログラム

開催にあたって

   グローバル化が加速する中で、日本企業におかれましても業務プロセス改革は急務となっております。
   本研究会では、業態開発と共に業務改革にも着手され成功を収められたアイ・ビー・エム社から、具体例を通してグローバルな業務プロセス改革を学ぶものです。関係各位のご参加をお勧め申し上げます。

プログラム

13:30-14:15
 グローバル事業停滞時に強化すべき統括本社ガバナンスの進め方
     ~パナソニック等 中国進出大手製造企業の事例紹介
  

                        講師:(株)ストラテジスト 代表取締役  太田 謙二氏

14:20-16:30
 IBMにおける業務プロセス改革・統合 さらなる挑戦までの全容

   1.IBMおよび日本アイ・ビー・エムの概要
         (1)GIE(Globally Integrated Enterprise …地球で1つの会社)へのチャレンジ
         (2)「One IBM 経営管理改革」
                        1990年代前半、危機的状況に有った同社が、ハード主体の事業構造をソフト・サービス主体の事業
                        構造に短期間で変化させるエンジニアリングを実行しました。従来の地域分散型マネジメントから
                        グローバル・カンパニーとしての統合型マネジメントに速やかに転換する事が求められました。

                              ①ポリシーやルールの整備
                              ②経営管理・人材活用の仕組み
                              ③グローバル業務の仕組みと支援する情報システム
                              ④コミュニケーション基盤・システム統合

         (3)グローバルレベルで、全社共通の業務オペレーションの基礎作り       
         (4)グローバルな共通コード
         (5)グローバル連結会計
         (6)マルチマトリックス型経営管理

   2.プレミアGI   E実現へのチャレンジ
            ~グローバル間接業務統合及び成長分野の選択と集中~
         (1)グローバルでの知識・資産の活用
         (2)間接機能のグローバル統合
         (3)成長市場へのすばやい注力
         (4)シェアード・サービス・センターの取組み
         (5)グローバル統合による効率化の推進
         (6)IBM購買変革

   3.「Smarter Enterprise」への進化 ~予知型経営へのチャレンジ~

                        講師:日本アイ・ビー・エム(株)CIOサービスJapan 担当理事  筧 悦子氏

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL 03-5215-3513)