[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161170
現地駐在員による『ミャンマー進出』セミナー

開催日時・会場

2016年04月18日(月曜日) 13:00~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

ミャンマー進出の実務に携わるご担当者

講 師

株式会社東京コンサルティングファーム ミャンマー駐在員  田附 浩明氏

プログラム

開催にあたって

   2015年11月に民政化後初の総選挙が行われ、最大野党NLDの大勝で終わりました。その後政権移行が進み、新政権の政策に注目が集まっています。外国企業にとっては、とりわけ経済面での政策が気になるところでしょう。
   民主的な選挙との評価が得られ、欧米系企業の進出も進むと言われており、進出のタイミングも非常に重要な状況となってきております。
   本セミナーでは、新政権の経済政策、外国投資へのスタンスを始めとして、最新の市場の状況などにも触れながら進出企業が抱える実務面での悩みを紹介して、進出の際の課題について解説いたします。

プログラム

1.ミャンマーの最新のトピック
      (1)新政権の概要と政策概要
      (2)ミャンマー市場の状況
      (3)外国企業の進出動向
               ・日系企業の進出状況(ヤンゴン日本人商工会議所会員数推移)
               ・進出事例

2.ミャンマー市場への進出形態
      (1)ミャンマー市場の捉え方
      (2)各種進出形態の比較
      (3)投資インセンティブと外資規制
               ・投資インセンティブ
               ・外国投資法
               ・SEZ法
      (4)進出形態と設立等手続
               ・進出形態、設立スケジュール、会社設立手続

3.ミャンマー税務の実務
      (1)主要税目の体系
      (2)所得税
               ・法人所得税
               ・個人所得税
      (3)源泉税
      (4)商業税
               ・仕入税額控除の適用について
      (5)印紙税
      (6)LTOについて

4.ミャンマー人事労務の実務
      (1)労働環境
               ・労働市場
               ・雇用慣行
               ・モデル賃金、最低賃金
               ・福利厚生
      (2)労働法
               ・ミャンマーの労働法
               ・労務管理規定の実態とリスク
               ・労働争議の状況
      (3)社会保障制度
               ・社会保障法
               ・社会保険給付
               ・労働災害補償法
      (4)駐在員のビザ制度について
               ・Stay Permitの延長手続とビザ制度

5.実務上の課題とケーススタディ
      (1)輸出入実務
      (2)資金調達
      (3)税務実務
      (4)労務管理

※当日会場にて、『ミャンマー・カンボジア・ラオスの投資・会社法・会計税務・労務』を配布致します。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )