[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151911
未来の顧客価値を創出するための
技術・商品・事業ロードマップ作成の基礎と実践的活用法

開催日時・会場

2016年03月30日(水曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発部門、経営企画部門、事業部門などご担当者の方

講 師

株式会社テクノ・インテグレーション 代表取締役社長  出川 通氏

プログラム

開催にあたって

   不確実・不連続のイノベーション時代において、新しい顧客価値を創り事業を成功させるためにはビジョンを明確にし、未来のシナリオ仮説を作って関係者間で共有することが大切です。そのために具体的に必要となるのがロードマップです。
   本セミナーでは、ロードマップ作成の基本を踏まえた上で、技術・商品・事業それぞれのロードマップ作成の具体的な進め方を解説していきます。さらに、それぞれのロードマップを統合して実務で活用する方法についても解説していきます。
   本セミナーを通じてロードマップについての理解を深めていただき、未来の顧客価値を創出し、イノベーションを起こす一助としていただければ幸いです。

プログラム

1.ロードマップ作成の目的、必要性
      1)不確実・不連続なイノベーション時代の「もの創り」に必要なこと
      2)技術と市場を結び付けた未来のシナリオ仮説の共有化
      3)プロダクト・ライフ・サイクルで全体像を俯瞰し、時間軸で考える

2.ロードマップ作成の基礎
      1)ロードマップ作成の全体像と具体的ステップ
      2)未来視点からのビジョン(ターゲット)の創り方
      3)不確定な未来の可視化とシナリオ・プランニングの方法
      4)ロードマップの検証と関係者との調整方法

3.技術・商品・事業それぞれのロードマップ作成の具体的進め方
      1)ケースに応じたロードマップ作成の順番
      2)事業ロードマップ作成の具体的進め方
      3)商品ロードマップ作成の具体的進め方
      4)技術ロードマップ作成の具体的進め方

4.ロードマップの統合化
      1)ロードマップを統合する目的、必要性
      2)統合へのプロセスと作業イメージ
      3)統合ロードマップ作成チームの構成と役割
      4)統合ロードマップの完成イメージ

5.ロードマップの実践的活用法
      1)経営者と各部署間でのロードマップ共有化による活用法
      2)新規事業創出における活用法
      3)研究開発部門での活用法
      4)オープンイノベーション、アライアンスにおける活用法
      5)顧客を対象とした活用法

質疑応答

※受講者の方には『図解 実践ロードマップ入門』(出川通 著:言視舎刊)を配付致します。
※現在の課題、講師へ聞きたいことがございましたら、備考欄にお書き込みください。
※講師と同業の方の受講はご遠慮ください。

受 講 料

会員:39,960円(本体 37,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

横谷(TEL 03-5215-3513 )