[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151901
法務担当者のための税務入門講座
~契約実務に役立つ税務知識やM&A・組織再編におけるタックスプランニングのポイントを平易に解説~

開催日時・会場

2016年03月17日(木曜日) 13:00~17:00
全国町村会館(東京・永田町)

受講対象

法務部門、または法務担当者で業務に必要な税務知識を習得したい方

講 師

森・濱田松本法律事務所 弁護士・税理士  大石 篤史氏

プログラム

開催にあたって

   多くの法務担当者にとって税法は異質かつ難解なものであり、どこがポイントなのかがわかりづらいがゆえに敬遠されがちです。しかしながら、法務担当者としては、少なくとも契約実務に関連する税務については十分に理解しておく必要があるといえます。また、税金はM&Aや組織再編に要するコストの多くを占めているため、M&Aや組織再編に関与する法務担当者としては、タックスプランニングの概要を理解した上で、案件に取り組む重要性が高まっているといえます。
   そこで本講座では、税法に直接触れる機会が必ずしも多くない法務担当者を対象に、契約実務に役立つ税務知識やM&A・組織再編のタックスプランニングの重要ポイントを、設例を交えながら解説いたします。その際、法務担当者として知っておくべき税務調査対応についても、適宜触れることとします。
   基礎から応用まで学ぶ絶好の機会でございますので、本講座をぜひご活用ください。

プログラム

1.法務担当者にとっての税務

2.契約書作成時に検討すべき主な税務
      ①源泉税
      ②消費税
      ③取引類型別留意点
      ④近時の税務否認事例を踏まえた実務対応

3. M&Aの基本的課税関係
      ①個人株主と法人株主
      ②資本金等の額と利益積立金額
      ③資本等取引と損益取引
      ④配当とみなし配当
      ⑤減価償却
      ⑥M&Aの各取引類型
      ⑦設例分析

4.組織再編税制
      ①課税の繰延べとは
      ②適格・非適格の判定
      ③企業内組織再編と買収型組織再編
      ④のれん・繰越欠損金の取扱い
      ⑤三角合併税制

5.最新M&Aの法務・税務
      ①スクイーズアウト
      ②株式を対価とするクロスボーダーM&A

6.質疑応答

※内容の一部が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福田(TEL 03-5215-3512 )