[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151908
具体的ケースから見る
ベトナム進出・展開における法務のポイント

開催日時・会場

2016年03月28日(月曜日) 13:30~16:30
厚生会館(東京・麹町)

受講対象

ベトナム進出・展開で法務を使用するご担当者

講 師

TMI総合法律事務所   弁護士  小幡 葉子 氏

プログラム

開催にあたって

   これからの世界経済の牽引役として世界から注目を集めている東南アジア地域。2015年度末のアジア共同体AECの発足も相まって、巨大な人口を擁するこの地域の動向を見極めることは企業にとって重要な課題となります。一方でベトナムにおける多様な法・司法制度について誤った認識でビジネス展開を行えば、想定外のリーガルリスクに直面する可能性があり、定期的に最新動向を確認することはリスクマネジメントにおいて不可欠です。
   そこで本講座では、ハノイ事務所に常駐しベトナム法を専門とする講師をお招きいたしました。ベトナムにおける新法設立等の動向を確認し、ベトナムにおける企業買収、ビジネス展開において留意すべき点、さらには日本企業にとって問題になるベトナム法・司法の現状について事例と共に解説いたします。また各セクションごとに質疑応答の時間を設け、参加者の疑問にその場でお答えします。

プログラム

I. ベトナム現法の新規設立
     (1)ベトナム投資法とはどのような法律か
           ・投資ライセンス取得に時間がかかる/かからない理由
     (2)外資に対する規制-WTOコミットメントと国内法令
           ケース:新規事業に適用される法令が制定されていない、ほか
     (3)進出形態の選択-駐在員事務所と現地法人、有限会社と株式会社
           ケース:駐在員事務所が現地法人のビジネスをサポートしている、ほか
     (4)企業設立の行政手続き-投資登録証明書と企業登録証明書
           ・投資のフィージビリティが審査されることの意味

II. ベトナム企業の買収
     (1)新規設立との法務面での違いは何か
           
・ベトナムにおける法務デューデリジェンスとは
     (2)企業買収の行政手続き-企業買収登録
           ・新投資法・企業法でどの程度手続きは簡略化されたか

III. ベトナムでのビジネス展開と法務
     (1)事業拡張の認可
           ケース:製造で進出したが、国内マーケット向け販売も行いたい、ほか
     (2)雇用と労務に関する諸問題
           ケース:業績不振の現法ベトナム人社長を退任させる、ほか
     (3)外資企業が取得・利用できる不動産
           ケース:工場の空きスペースをレンタル工場として賃貸できるか、ほか
     (4)債権回収の実情
           ケース:売掛金担保のため不動産に抵当設定したい、ほか
     (5)模倣品対策
           ケース:自社製品のデッドコピーを発見した、ほか
     (6)外国為替と海外ローン
           ケース:短期ローンの期間を延長する、ほか
     (7)汚職防止に向けたコンプライアンス体制の構築と維持
           ケース:現法の内部規則に贈答・接待の上限額を規定することの功罪とは、ほか

IV.ベトナムの法・司法制度の現状
     (1)国会・政府・象徴による法令の制定・施行状況
           ・2015年の主要立法
                     -結局何が変わったのか
           ・ベトナム法令の「解釈」はどのように行われるか
                     -所轄当局の行政解釈を知る方法とは
     (2)司法制度の現状
           ・ベトナム裁判所における訴訟
                     -外資企業が当事者となる民事訴訟の実情とは
           ・ベトナム国内仲裁と外国仲裁
                     -ベトナム国内仲裁を推奨する場合としない場合

※講師とご同業の方は受講をお受けしかねる場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福田(TEL 03-5215-3512 )