[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151907
<会員研究会>介護離職をしないために押さえておきたい重要ポイント
~実効性の高い介護離職防止対策のポイントを解説~

開催日時・会場

2016年03月08日(火曜日) 09:30~12:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事・総務部門など関連部門のご担当者

講 師

ワークケアバランス株式会社 代表取締役  田中 肇氏

プログラム

開催にあたって

当会は、21世紀の企業経営に関わる経営戦略、人材開発、新規事業、研究開発・技術、知的財産、グローバル経営法務、革新事業の見学など、部門や企業の壁を超え、様々な角度からテーマを設定し、正会員を対象に会員研究会を開催しております。
   急速な高齢化により家族の介護・看護のため離職した人は年間10万人に達し、さらに離職や転職希望者の中には介護中の人、いわゆる介護予備軍とみられる人が約40万人もいるという調査結果もあります。政府もアベノミクス新3本の矢の中で「介護離職ゼロ」という大方針打ち出すなど、介護離職をいかに防ぐかが官民挙げての大きな課題となっております。
   一旦介護の状況になると先が見えず、仕事と介護の両立が難しい現状では、介護離職という企業にとっても社員にとっても大きなリスクを抱えることになります。
   今回、このリスクを少しでも低減するための対応策を学んでいただく機会として、本研究会を企画いたしました。企業のご担当者だけでなく、今現在介護を続けながら働いている方やこれからの介護に不安を感じている方に、是非ともご参加いただければ幸いです。

プログラム

Ⅰ.高齢化と生産年齢人口減少が同時進行
      ・女性と中高年者が働きやすい環境整備
      ・社員のライフイベントと仕事の両立支援

Ⅱ. 家族介護と仕事の継続性
      ・高い離職リスク、巨大な離職予備軍
      ・介護離職発生のメカニズム(なぜ介護離職が発生するか)

Ⅲ. 現在の介護離職予防施策の事例
      ・基本的な施策
      ・先進的な事例

Ⅳ. 実効性の高い離職防止策
      ・介護の実態を理解し策定する(現実と乖離した情報提供は有害)
      ・防災対策と同じ考え方で準備(3要素を整備)
      ・メリハリやポイントを絞った制度設計

Ⅴ.高齢者介護の基本と実態(在宅介護)
      ・介護保険の基本
      ・離職防止を意図したモデルケアプラン
      ・介護実態の理解(介護する人の属性、介護負担、費用負担)
      ・認知症介護の問題

Ⅵ.社員個々の問題解決で大切なポイント/離職防止に有効な介護サービス
      ・人・もの・金+情報の活用
      ・高齢者施設の有効活用
      ・高齢者施設の種別・特徴・費用の説明と選択するためのポイント

Ⅶ.介護を想定したファイナンシャルプランニング
      ・在宅介護と施設介護の費用比較

<質疑応答>

受 講 料

会員:5,400円(本体 5,000円)/一般:16,200円(本体 15,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5215-3515 )