[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151886
革新的R&Dテーマを継続的に創出する仕組みの構築

開催日時・会場

2016年03月09日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画・研究開発企画・技術戦略・事業企画・商品開発部門などにご所属され:
 ・研究開発テーマを継続的に創出する仕組みを構築したい、
 ・研究開発テーマの創出法を学びたい、
 ・ステージゲート法等の自社のテーママネジメント・プロセスをより有効に機能させたい、皆さま など

講 師

ベクター・コンサルティング株式会社 代表取締役社長  浪江 一公氏

プログラム

1. なぜ革新的テーマの創出が必要なのか?
      -21世紀の日本の産業界の現実
      -日本企業が行く道
      -日本企業のテーマ創出上の問題点
      -経営資源のHow(テーマの実現)からWhat(テーマの創出)への大胆なシフトの必要性

2. 革新的アイデアを継続的に創出するメカニズム
      -大胆な枠組みの必要性
      -革新的テーマの3つの原料(市場の知識、技術の知識、自社の強み)のスパーク
      -スパークを起こし革新的テーマを創出するための4つの要件
      -具体的事例(東レ等)

3. 顧客価値の提供機会を見つける視点:顧客価値拡大モデルVACES
      顧客提供価値向上(Value)、顧客の懸念払拭(Anxiety)、顧客の全体コスト低減(Cost)、
      顧客作業環境・社員能力向上(Empowerment)、顧客の社会的価値向上(Society)

4. スパークのための3つの原料
      (1)「市場の知識」の強化法
              ・研究者が顧客との直接の接点を持つことの重要性
              ・市場・顧客を理解する3軸(TADモデル)
              ・市場の将来を読む方法(Time)、市場を見る視野を広げる方法(Area)、
                 顧客を深く知る方法(Depth)
              ・具体的事例(IBM、ワコール、シマノ、キーエンス、ディスコ等)
      (2)「技術の知識」の強化法
              ・スパークに必要な技術知識             
              ・自社技術・周辺技術知識蓄積・拡大モデル(BIRDSモデル)
              ・技術情報発信(Broadcast)、技術情報収集(Intake)、技術創出(R&D)、
                 技術の社内共有化(Share)
              ・具体事例(GE、東レ、ナイキ、3M等)
              ・自社にない世の中の技術の吸収法(オープン・イノベーション、顧客訪問、様々な仕事の経験等)
      (3)「自社の強み」の明確化
              ・自社の強みとは?:自社の強みは見えないもの
              ・技術の強み
                            自社技術の棚卸し(3M、富士フイルム)、コア技術戦略
              ・技術以外の強み
                            技術以外の強みの視点、強みベース発想の注意点(未来志向で)

5. スパークを起こし革新的テーマを創出するための4つの要件
      (1)革新的テーマ創出のための環境の用意
              ・革新的テーマ創出に時間が投入されない理由
              ・3M、グーグル、東レの事例
      (2)多様なソースから情報・知識を集める
              ・多様性の3つの視点とその実現の方法(シスコ、日立の例等)
      (3)テーマ創出に向けて情報・知識を『圧縮』
              ・内燃機関のアナロジー
              ・知的格闘の場の設定(ホンダの例)
              ・アイデア発想法(要素技術ベースの発想、デザイン思考等)
      (4)構成員の意欲による『着火』
              ・追い込む、失敗の許容(人事評価の考え方)、非金銭的報酬による『着火』(ホンダ、日東電工の例)

6. 統合的運用の必要性
      (1)以上の全体活動の統合的運用の必要性
      (2)ステージゲート・プロセスとの一体運用の重要性

      ≪質疑応答・デスカッション≫

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承下さい。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

早瀬(TEL 03-5215-3512 )