[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151890
専門家を使いこなすための『M&A』の知識

開催日時・会場

2016年03月28日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画部門、法務部門、経理財務部門、海外事業部門など関連部門のご担当者

講 師

監査法人アヴァンティア 公認会計士          木村 直人氏
みらい総合法律事務所  弁護士・公認会計士試験合格者 横張 清威氏

プログラム

開催にあたって

   近時ビジネス環境が急激に変化する中で、企業のさらなる発展を目指す方法として、M&Aを検討する企業が少なく
ありません。しかしながら、多くのビジネスパーソンにとってM&Aに関する業務は、通常のルーティンワークとは異なり担当となって初めて直面する業務が多く、専門家に『丸投げ』してしまうケースもあるのではないでしょうか。
   こうした状況の中、本セミナーではM&Aに関する一連の流れ・ポイントを解説するとともに、自社内で対応すべき
業務と、専門家(法律事務所・監査法人・税理士事務所・FAなど)に依頼すべき業務の切り分け、また依頼する際の留意点などにも焦点をあて解説致します。

プログラム

1.総論
      ・検討開始からディール完了までの一連の流れ
      ・フェーズごとに検討すべき様々な課題
      ・登場するプレイヤーと各プレイヤーの役割

2.デュー・デリジェンスの基礎
      ・DDの目的と種類(MAによるメリットの確保、デメリットの把握及び予防)
      ・DDの種類ごとの専門家の役割
      ・法律事務所、監査法人、税理士事務所、FAなどの専門家に依頼する際の留意点
      ・DDの一般的な流れ

3.財務DDの勘所
      (1)財務DDの基本的な視点
               ・財務実態を表現しているとは限らない決算書(監査済み決算書と未監査の決算書)
               ・過去の業績を前提とした足もとの収益力の把握
               ・実態ベースとしての財務状況の把握  ・将来顕在化するおそれのある潜在的リスクの把握
      (2)財務DDのアプローチと限界
               ・各フェーズにおけるアプローチ(ノンアクセス、フルスコープ)
               ・財務DDの前提と財務諸表監査との違い  ・知っておくべき財務DDの限界
               ・社内で対応すべき業務と監査法人に依頼するべき業務
               ・依頼者ニーズとリスク評価に応じたDDのカスタマイズ
      (3)知っておくべき重要テーマ
               ・ビジネスモデルによって異なる資産構成と視点の違い
               ・本業以外の資産についての考え方
               ・本業に関わる営業関連資産(売掛債権、在庫等)についてのポイント
               ・不動産を含む固定資産についてのポイント
               ・投融資を行っている場合のポイント
               ・引当金の網羅性と評価に関するポイント
               ・偶発債務(訴訟事件、未払労働債務)についてのポイント
               ・関連当事者取引についてのポイント
      (4)財務DD報告書の見方
               ・一般的な財務DD報告書の構成
               ・最低限みるべきポイントと理解の仕方

4.企業評価の勘所
      (1)評価手法の全体像
               ・コストアプローチ
               ・マーケットアプローチ
               ・インカムアプローチ
      (2)M&Aの種類ごとに異なる最適な評価手法
               ・対象企業のビジネスモデルやステージによる違い
               ・買収者と対象企業の関係による違い
               ・一般的なM&Aの種類と各評価手法のつながり
      (3)各評価手法の特徴と専門家への依頼のポイント
               ・純資産方式の場合のポイント
               ・マルチプル方式の場合のポイント
               ・収益還元方式、DCF方式の場合のポイント

5.法務DDの勘所
      (1)法務DDの基本的な視点
               ・MAの障害となる法的問題点の把握
               ・対象企業の評価に影響する法的リスクの把握
               ・MA後に対処すべき法的問題点の把握
      (2)法務DDのアプローチと限界
               ・事前準備段階における資料開示の限界
               ・知っておくべき法務DDの限界
               ・社内で対応すべき業務と法律事務所に依頼するべき業務
               ・依頼者ニーズとリスク評価に応じたDDのカスタマイズ
      (3)知っておくべき重要テーマ
               ・MAストラクチャーごとの注意点
               ・許認可関係に関する注意点
               ・対象会社が上場、非上場である場合の注意点
               ・LOI締結時の注意点
               ・種類別契約書のチェックポイント
               ・移転する資産、負債、契約の特定に関する注意点
               ・現地調査立ち合いに関するポイント
               ・未払労働債務に関するポイント
               ・将来的紛争(訴訟事件、クレーム)についてのポイント
               ・現地インタビューでのポイント
      (4)法務DD報告書の見方
               ・一般的な法務DD報告書の構成
               ・最低限みるべきポイントと理解の仕方
               ・簡易報告会の要否
               ・正式報告会での注意点

6.クロージング段階における検討テーマ
      ・把握したリスクとそれに対する対応方法
      ・買収手法の最終検討
      ・買収価格の交渉
      ・将来的な協力事項の検討
      ・表明保証条項の検討
      ・買収条件の検討

7.最後に~財務DDと法務DDの連携~
      ・両者の目的、視点の違い
      ・共通する情報とアプローチ
      ・両者の連携による効率化と実効性のあるリスクの把握

※ 当日は最新情報を盛り込む関係上、講義内容を若干変更する可能性がございます。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )