[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151830
『不正行為発生のメカニズム』を踏まえた
従業員不祥事の早期発見・抑止に向けたポイント

開催日時・会場

2016年03月17日(木曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務・人事・監査部門等ご担当の方ご担当の方

講 師

西村あさひ法律事務所 パートナー/弁護士  梅林 啓氏

プログラム

★不正を犯す動機、企業が与える機会、従業員の内面の状況等、不祥事対応に“必要かつ有効な”新しい視点★

   1.不正・不祥事対応の現状と新しい視点の必要性
         (1)企業における従来の不正・不祥事対応から導かれる“結論”と“反省、あきらめ”
         (2)不正行為発生のメカニズム(=新しい視点)から不祥事対応にアプローチする必要性

   2.不正行為発生のメカニズムの解明 ~会社資産の不正流用(横領)をケースに~
         (1)不正のトライアングル(動機・機会・正当化)とは何か?
         (2)お金が必要という「動機」(プレッシャー)
         (3)不正流用ができる「機会」
         (4)不正そのものの「正当化」

   3.不正行為の早期発見に向けたポイント ~不正行為発生のメカニズムを踏まえて~
         (1)「機会」の発見 (機会を見つける方法、他)
         (2)「動機」の発見 (動機を発見するために必要な視点、他)
         (3)「正当化」の発見(従業員に見られる行動の特徴、他)

   4.不正行為を抑止するためのポイント ~不正行為発生のメカニズムを踏まえて~
         (1)「機会」に関する抑止策 (権限集中の回避、他)
         (2)「動機」に関する抑止策 (従業員を切羽詰まった状態にしない為に)
         (3)「正当化」に関する抑止策(“しらけない”教育・研修制度の必要性、他)

   5.その他不正行為への応用 ~機会・動機・正当化のどこに着目し、対策を講じるべきか~
         (1)架空循環取引
         (2)秘密情報の持ち出し
         (3)製品・食品事故・偽装、各種法令違反
         (4)インサイダー取引

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516 )