[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151574
KPIと中期経営計画から考える『ROE』向上に向けた実践的方策
   セッション1:ROEの理解と向上を支えるKPIマネジメント
   セッション2:中期経営計画にROEとその達成のストーリーを組み込む方法

開催日時・会場

セッション-1    2016年02月09日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)
セッション-2    2016年02月10日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

   ※各セッション単位でのお申込みも可能です。

 受講対象

・ROEの向上やKPIマネジメントに関心を持つ経営管理者、経営企画、経理、IR、CSR、環境経営、
 新規事業開発担当 ほか
・中期経営計画に資本効率を意識したROEなどを組み込むことに関心を持つ経営管理者、経営企画、経理、
 新規事業開発担当 ほか

講 師

キュー・エム・コンサルティング 取締役社長  松原 恭司郎 氏(公認会計士)

プログラム

セッション1:2月9日(火)13時~17時
「ROEの理解と向上を支えるKPIマネジメント」

開催にあたって

   KPI(重要業績評価指標)が注目される中、アベノミクスの成長戦略による一連の施策を受けて、ROE(自己資本利益率)に投資家と経営者の双方の関心が高まっています。
   セッション1では、(1)ROE向上が求められる背景を確認し (2)ROE向上の三つの要素(利益率×回転率×レバレッジ)とその向上策を検討し (3)財務と非財務のKPIのタイプやサンプルを例示すると共に (4)KPIの設定・評価・改善というKPIマネジメントの全体像について『ROE重視のKPIマネジメント教本』(2016年1月出版予定)の著者が分かり易く解説します。

プログラム

【Why】
   1.ROEとKPIが注目される背景
         (1)ROE向上要求の包囲網(アベノミクスの成長戦略)
         (2)経営戦略、ビジネスモデルの見える化
         (3)投資家との対話の充実~「統合報告」

【What】
   2.KPIの基本
         (1)KPIの定義                    (2)KPIのタイプ

   3.ROE他の総合経営指標
         (1)財務諸表の構造の確認         (2)ROE他の総合経営指標

【How】
   4.KPIマネジメントに役立つ思考法とフレームワーク
         (1)KPIマネジメントに役立つ思考法      (2)KPIマネジメントに役立つフレームワーク

   5.ROE向上のレシピ
         (1)KPIマネジメントの成熟度診断         (2)三つの戦略タイプ
         (3)ビジネスモデル・パターン

   6.適切なKPIの選定法

【What】
   7.KPIのショーケース
         (1)財務の視点のKPI             (2)顧客の視点のKPI
         (3)バリューチェーンの視点のKPI         (4)経営資源の視点のKPI
         (5)ESG(環境・社会・ガバナンス)のテーマのKPI

セッション2:2月10日(水)13時~17時
「中期経営計画にROEとその達成のストーリーを組み込む方法」

開催にあたって

   アベノミクスの第三の矢・成長戦略の後押し等もあり、資本効率を重視したKPIであるROE(自己資本利益率)を中期経営計画の経営目標に掲げる企業が増加しています。
   本セミナーでは、『松原流:戦略マップ/BSC実践教本』の著者が、ROE等の財務KPIとその向上のストーリーを明確にする戦略マップ/BSC(バランス・スコアカード)の基本と中期経営計画への適用法について分かり易く解説します。

プログラム

   1. 事業戦略と中期経営計画の策定
         (1)戦略論と中期経営計画
         (2)中期経営計画に関する課題と対応策

   2.戦略マップ/BSCを中期経営計画の策定と 運用に活用する
         (1)戦略マップ/BSCの基本
         (2)ROE等の総合経営指標と戦略マップ/BSC
         (3)中期経営計画の策定と運用に戦略マップ/BSCを採用するメリット

   3.ビジネスモデルと中期経営計画
         (1)ビジネスモデルの基本
         (2)ビジネスモデルの見える化のフレームワーク
         (3)ビジネスモデルを意識した中期経営計画の策定

   4.戦略マップを使ったROE向上のストーリーの描き方(戦略タイプ別テンプレート)

   5.戦略マップを使ったROE向上のストーリー展開のケース・スタディー

※講師の最新図書『ROE重視のKPIマネジメント教本』日刊工業新聞社(2016年1月下旬出版予定)を
   受講者に謹呈します。
※両セッション参加、セッション1のみ参加、セッション2のみ参加、いずれの参加パターンでも1冊となります。

受 講 料

両日参加の場合
         会員 45,360円(本体 42,000円)/一般 48,600円(本体 45,000円)

1日のみ参加の場合
         会員 35,640円(本体 33,000円)/一般 38,880円(本体 36,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、前頁の「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。 お申込者がご出席いただけない際は、
代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※ Web上からお申し込みの場合には、通信欄に参加希望日を明記願います。
注)主担当者様のお名前でお申し込みの上、各回、代理出席も可能です。
      但し、割引料金の適用は一度にお申し込みの場合に限ります。

担 当

公開セミナー事業グループ( TEL : 03-5215-3514 )