[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151834
外国為替の構造と予測手法・リスクヘッジ手法を学ぶ

開催日時・会場

2016年02月23日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経理財務部門、経営企画部門、海外事業管理部門など関連部門のご担当者

講 師

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会 顧問  林 謙二氏

プログラム

開催にあたって

   外国為替の仕組みについては、銀行員であっても完璧に理解している人は少なく、外為業務に従事している少数の専門家集団だけが理解する、いわゆる「ギルドの世界」となっています。したがって、これまで海外事業を展開してきた企業においても少数の専門家集団に任されており、企業としてどう管理すべきか、要員をどう育成するかなどの問題を抱えていることと思われます。
   本セミナーでは、こうした分かりにくい外国為替の仕組みを理解すると共に、外為相場の変動要因を学び、予測の手法を学びます。さらに企業で用いる為替リスクのヘッジ手法についても学びます。

プログラム

1.外国為替市場の構造
      (1)市場の慣習を理解する
               1)為替レートの表示方法
                     ・相場の大原則「安く買って高く売る」に従った表示
                     ・買値と売値の幅(スプレッド)を決める要因
                     ・外国通貨建てと自国通貨建てを決めた歴史的要因
                     ・スポットレートとフォワードレート
                     ・相場の大原則「少なく払って多く取る」に従ったスワップレートの表示
               2)各種レートの呼び名
                     ・スポットレート、クロスレート、スワップレート、フォワード・レート
                     ・銀行のディーリングルームの内側
               3)銀行との取引
                     ・契約書:銀行取引約定書だけでは取引を開始できない
                     ・仲値と対顧客相場
                     ・手数料:外国為替手数料と外貨取扱手数料(リフティング・チャージ)
                     ・為替予約の延長と解約
      (2)為替市場の構造を理解する
               1)クロス・レートを算出することから相場の原則を理解する
                     ・自国通貨建ての例(スイスフランの対円レート)  ・他国通貨建ての例(ポンドの対円レート)
               2)為替と金利の関係
                     ・金利裁定:フォワード・レートは金利差で決まる
                     ・ディスカウントとプレミアム
                     ・フォワード・レートはスポット・レート+スワップ・レート
                     ・先達の知恵:スワップ・レート表から分かること
                     ・スワップレートの理論値
                     ・金利差が輸出予約と輸入予約に与える影響

2.為替相場の理論と予測
      (1)外為法と相場決定理論
               1)1998年4月の外為法改正とその影響
                     ・外為法改正の内容  ・規制緩和の歴史と相場主導要因の変化
                     ・外為法改正とOTCデリバティブズの解禁
               2)相場決定理論
                     ・国際収支説  ・購買力平価説  ・為替心理説
                     ・アセット・アプローチ                   ・アベノミクスとマネタリー・アプローチ
      (2)為替相場の予測の立て方
               1)為替レート予測の準備
                     ・相場決定理論を使った分析  ・貿易相手国・投資先国通貨の分析
                     ・世界情勢を俯瞰し、現状を把握する
               2)日本のゆくえ円のゆくえ
                     ・アベノミクスが止めた金利上昇のカウントダウン  ・政府債務残高の今後
                     ・日本が抱える最大の問題点

3.為替変動のリスクヘッジ
      (1)為替リスク管理
               1)リスク管理戦略
                     ・為替マリー  ・リーズ・アンド・ラッグス  ・国際取引の円建て化
               2)積極的な戦略
                     ・為替リスクと生産拠点の整合性  ・販売拠点から輸出拠点への転換
      (2)ヘッジ手法
               1)為替ヘッジ手法
                     ・為替予約  ・クロス・ヘッジ手法  ・通貨オプション  ・通貨先物
               2)ヘッジ手法の分散・多様化
                     ・手段の組み合わせ  ・時間差の組み合わせ  ・包括ヘッジの利用
               3)ヘッジ実績の報告と検証

         ※講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )