[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151823
1.5日で徹底マスターする退職給付会計の基礎知識と実務対応
   ・経理の知識がなくてもゼロから実務対応レベルまで学べます
   ・初歩レベルの知識を前提に実務対応の基礎を学びます

開催日時・会場

セッション-1    2016年01月14日(木曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)
セッション-2    2016年01月15日(金曜日) 10:00~17:00
日本出版クラブ会館(東京・飯田橋)

受講対象

経理部門、人事部門 他のスタッフ、マネジャーの方々

講 師

有限責任監査法人トーマツ パートナー 公認会計士  井上 雅彦氏 

プログラム

■1月14日(木)13:00~17:00

   初日は退職給付会計をゼロから理解して頂きます。経理経験がない方でも安心して受講できます。
   退職給付会計はわかりずらいといわれています。主な理由は、3つあります。
         ①退職給付制度の理解が前提となるため
         ②数理計算の結果を会計処理に反映する必要があるため
         ③会計処理に退職給付会計特有の考え方があるため

   以上、①②③の理解を前提に基礎の基礎から解きほぐし、その全体像をわかりやすく解説します。

※ゼロからビジュアルに学べるので、仕訳の知識も経理経験も必要ありません。

      1.退職給付会計の基礎の基礎
      2.退職給付制度の基礎の基礎
      3.数理計算の基礎の基礎
      4.退職給付会計の基本的な構造
      5.退職給付会計の会計処理と仕訳とは
      6.実務対応に最低限必要な知識

<質疑応答>個別のご質問・ご相談にも対応いただきます
★当日、サブテキストとして、「三訂増補版 キーワードでわかる退職給付会計(税務研究会)」
   講師著〔定価 4,650円(税込)〕 を配布いたします。

■1月15日(金)10:00~17:00 ※昼食休憩1時間を含む

   2日目は、初歩レベルの知識を前提に退職給付会計の実務対応が万全になるレベルまで学べます。
   退職給付会計の基礎から解きほぐし実務対応をわかりやすく解説します。
   会計、数理、制度が有機的に結びついた演習を体感することで、退職給付会計の実務対応を徹底的に
   理解していただきます。

      1.基礎の基礎、大事な知識と計算方法再確認 数理計算
      2.基礎の基礎、大事な知識と計算方法の再確認 制度と会計処理
      3.個別財務諸表上の実務対応、ポイントと理解しておくべき手法
      4.連結財務諸表上の実務対応、ポイントと理解しておくべき手法
      5.退職給付会計ワークシートの理解
      6.実務対応に必要な知識と応用論点          

<質疑応答>個別のご質問・ご相談にも対応いただきます。

受 講 料

会員:54,000円(本体 50,000円)/一般:57,240円(本体 53,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516)