[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151753
時系列課題解決パテントマップを用いた競合企業の技術動向分析と自社特許強化策

開催日時・会場

2016年01月13日(水曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発部門、知的財産部門、事業部門のご担当の方

講 師

独立行政法人産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門 技術専門職(知的財産)  栗原 健一氏

プログラム

開催にあたって

   技術開発競争に勝つためには、強い特許網を構築し他社の参入を防ぐことが有効な手段の1つです。そのためには競合企業の技術動向を常に分析し、将来出願してくるであろう特許を予測した上で、自社の技術開発戦略を策定する必要があると言えます。
   本セミナーでは、従来の代表的な特許出願の分析手法ではなく技術課題並びに解決手段の推移を時系列でまとめた「時系列課題解決パテントマップ」をもとに、競合企業の技術動向分析の仕方を解説いたします。またそこからどのように自社の特許を強化していくのか、その具体的施策についても解説していきます。最後にケーススタディとして誰にでもわかりやすい「即席めん」を事例として分析手法を体得していただきます。
   基礎からわかりやすく解説いたしますので、知財部門の方はもちろん、研究開発部門・事業部門の技術者の方など特許を通じた技術動向分析に興味のある方のご参 加をお待ちしております。

プログラム

Ⅰ.「時系列課題解決パテントマップ」を使って競合企業の手の内を知る有効な手法と考え方
       ・検索手法(FI、Fターム)、情報の仕分け、整理、まとめ方、表現等

Ⅱ.競合他社の技術動向から自社の強み・弱みを把握する
       ・強み・弱みの把握の方法と検討

Ⅲ.他社特許の評価・見方
       ・技術課題の推移の分析
       ・商品化の見極め
       ・国内優先出願、分割出願、早期審査、審判

Ⅳ.技術開発競争に勝つための特許強化に向けた具体的施策
      (1)パテントマップを用いた自社出願の棚卸しと自社出願の評価
      (2)競合他社の市場参入を防ぐ特許強化へ向けた方針の策定
               ・国内優先出願、分割出願、早期審査、審判 ~特に分割出願の重要性を理解する
      (3)パテントポートフォリオの構築
               ・技術課題の展開を図る
               ・コア技術の展開を図る
      (4)研究開発部門の知財力強化を図る
               ・パテントマップの作成と分析力を向上させる
               ・特許網のデザイン力を向上させる(特にマネージャー)
               ・特許請求の範囲(クレーム)の作成力を向上させる
               ・技術者自らの発明力(クレームの作成力)が開発力を向上させる

≪演 習≫具体的ケース「即席めん」を用いながら技術動向と競合企業を分析する
                   【演習ケース】「即席めん」
                         ①演習に関する説明と演習ケースのポイント解説
                                                  
                         ②演習ケースに関する特許公報を確認し、特許マップを検討
                                                  
                         ③パテントマップを基にしながら演習ケースを検証

※ 質疑応答を通じ個別の質問にもお答えいたします。

受 講 料

会員:39,960円(本体 37,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

横谷(TEL 03-5215-3513 )