[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151532
情報サービス産業における工事進行基準の適用に関する会計実務
~工事進行基準による不適切な会計処理が生じない管理体制のチェックポイント~

  ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2015年11月25日(水曜日) 13:30~17:00
厚生会館(東京・麹町)

受講対象

・情報サービス産業を行っている会社のトップマネジメント・CFO・監査役・内部監査人の方々
・情報サービス産業に属する会社の経理部課長、経理担当者の方々

講 師

太陽有限責任監査法人 パートナー / 公認会計士  柴谷 哲朗氏

プログラム

開催趣旨

      情報サービス産業に属する企業においては、受注制作のソフトウェアの販売取引に工事進行基準が適用される
   場合があります。
      本セミナーでは、工事進行基準の適用上、意図的な収益・原価の操作による会計不正や誤りを防止・発見する
   ために整備すべき内部統制や監査役監査・内部監査の視点について、情報サービス産業における取引慣行などを
   踏まえ具体的に解説します。

プログラム

1.情報サービス産業に属する企業における工事進行基準の適用状況

2.工事進行基準による会計処理の基礎

3.工事進行基準の適用に関する不正・誤謬のパターン
         (パターン1)工事契約の認識の単位の設定に関する不正等
         (パターン2)工事収益総額の見積りに関する不正等
         (パターン3)工事原価総額の見積りに関する不正等
         (パターン4)工事進捗率の見積りに関する不正等

4.工事損失引当金に関する不正・誤謬のパターン

5.質疑応答   個別のご質問・ご相談にも対応いたします。

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

薄井(TEL 03-5215-3516 )