[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151647
海外子会社の「現実的な管理体制」と実務上のポイント

開催日時・会場

2015年11月19日(木曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画・法務部門・総務部門・海外事業部門をご担当の方

講 師

森・濱田松本法律事務所 弁護士  梅津 英明氏

プログラム

Ⅰ.なぜ、今海外子会社管理が重要なのか
      (1)海外進出の早さと子会社管理の対応能力
      (2)海外子会社・合弁会社が深刻な影響を与えた事例
      (3)グループ内部統制強化の動き~2015年会社法改正の影響

Ⅱ.新興国における海外子会社管理の難しさ
      (1)現地の見え方と本社の見え方~いかに違うか
               ①アジア、中南米を中心とした新興国の特殊性     
               ②新興国における「法」とは?(現地と本社との「受け止め方」の違い)
               ③アジア諸国内の差/中南米諸国内の差/アジアと中南米の差
       (2) 現地を悩ます数々の問題点~本社にはどのような影響が出るか
               ①外国公務員贈賄(民―民贈賄も)
               ②カルテル・談合等
               ③不正経理、横領・背任、脱税
               ④外資規制と名義人(ノミニー)
      
(3)新興国におけるM&A・ジョイントベンチャーを巡る問題点

Ⅲ.現実的な管理体制の在り方とそのポイント
      (1) 管理の現実的な限界
               ①国内子会社管理との違い
               ②親会社の見方と海外子会社の受け止め方のズレ
                     ・日本の会社法下で要求される内容は?
                     ・「完璧」を目指すことの怖さと難しさ
               ③日常業務上、リスクはどこに潜んでいるか~何を見ればよいか
      (2) 実務運用上のポイント~できることから一つずつ
               ①本社・現地トップのコミットメント
               ②責任者の指名・現地従業員とのコミュニケーション
               ③内部監査・研修制度・人事制度
               ④内部通報制度
               ⑤本社とのコミュニケーション
               ⑥契約前の調査・契約条項等
               ⑦現地専門家の利用
      (3) その他

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

田中(TEL 03-5215-3516 )