[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151707
中国知財訴訟の実務 ―特許権・商標権侵害訴訟を中心に―

開催日時・会場

2015年11月09日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

知的財産部門、法務部門、総務部門、中国事業部門などのご担当者

講 師

IP FORWARDグループ 総代表・CEO
IP FORWARD法律特許事務所 代表弁護士・弁理士  分部 悠介氏

プログラム

開催にあたって

   近年、中国では知財訴訟が急激に増加しており、日本企業がその当事者となるケースも少なくありません。
   本セミナーでは、法改正の動向や裁判例等、 最新の実務情報に触れつつ、中国知財訴訟の概要、流れを具体的に
説明するとともに、日本企業が原告/被告となった場合の留意点についても解説致します。

プログラム

1.中国知財訴訟の概況
      ・統計データが示す中国知財訴訟の動向(訴訟件数の増加、高額化する賠償金)
            Q.中国ではどの程度、損害賠償金が認められているのか?

2.知財専門裁判所の設立・最新動向
      ・中国訴訟制度の概要
      ・「知識産権法院」設立の背景・概要
      ・最近の審理状況

3.提訴までの準備
      (1)権利侵害への対応フロー
               ・侵害調査/証拠収集の方法
               ・訴訟提起以外の対応(行政ルート)
            Q.裁判以外の手段はどの程度使えるものなのか?
      (2)侵害調査
               ・侵害調査の実態(商標権/特許権別)
      (3)証拠収集
               ・公証認証手続の意義、成功させるポイント
            Q.損害額立証のために、どのような証拠が必要か?
      (4)管轄
               ・管轄制度概要
               ・管轄選択を有利にするための証拠収集

4.知財権侵害訴訟概要
      (1)手続/審理フロー
      (2)提訴~事前手続
               ・訴状の記載
               ・財産保全
               ・侵害訴訟と無効審判
            Q.被告からどのよう抗弁がなされることが多いか?
            Q.侵害立証が難しい方法特許について、提訴後に証拠を収集する手段はあるか?
      (3)証拠交換と開廷審理
               ・手続の流れ
               ・期日及び期日後の留意点
      (4)判決~執行
               ・「執行難」対策
            Q.被告になる事態を想定して、どのような点に留意しておく必要があるか?

5.最近の著名裁判事例

6.質疑応答

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )