[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151593
経営監査と社外取締役
-ガバナンスとモニタリングの現状と課題-

 ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2015年11月16日(月曜日) 10:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

内部監査部門、経営企画部門、法務部門等のスタッフ、マネジャーの方々
  

講 師

公認会計士 秋元 宏樹氏

プログラム

開催にあたって

         会社法改正、スチュワードシップ・コードの導入、コーポレートガバナンス・コードの適用を契機に
      持続的成長と企業価値の向上をもたらすための企業経営のあり方、ステークホルダーとの関係が大きく
      見直されています。
         本講義では、独立社外取締役をはじめとする社外役員が果たす監督機能、経営監査の充実や強化に向
      けた取り組みについて、制度面と実務面の両面から解説いたします。

プログラム

第一章 : ガバナンスの動向 -最近の事例と論点-
             ・ROEと資本コスト
             ・負のガバナンス、内部統制
             ・会社法
             ・監督責任の範囲

第二章 : 会社法解釈指針の解説
             ・概要
             ・取締役会上程事項
             ・社外取締役の役割と機能
             ・役員就任条件
             ・D&O保険料負担
             ・取締役の責任追及に関する提訴の判断

第三章 : 社外役員と経営監査の状況
             ・ガバナンスとモニタリングの実態
             ・社外役員、独立役員の状況

第四章 : 社外役員とガバナンスのあり方
             ・取締役会、監査委員会、監査役会の構成
             ・監査等委員会
             ・社外取締役
             ・会社役員賠償責任保険
             ・多重代表訴訟等
             ・企業集団内部統制
             ・スチュワードシップ・コード
             ・コーポレートガバナンス・コード
             ・改正上場規制
             ・議決権行使と行使結果

第五章 : 社外役員と経営監査の役割と責任、経営監査のあり方
             ・社外役員と経営監査
             ・社外役員と企業集団内部統制
             ・三つのディフェンスライン
             ・グループモニタリングの体制と手法

≪質疑応答・コンサルテーション≫
※個別のご質問・ご相談にも対応致します。

受 講 料

会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:43,200円(本体 40,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516 )