[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151607
新興国におけるクロスボーダーM&A入門セミナー

開催日時・会場

2015年11月19日(木曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

クロスボーダーM&Aの基礎を学びたい方

講 師

TCG国際弁護士法人 代表弁護士  古川 直氏

プログラム

開催にあたって

   経済のグローバル化が進む中、企業にとって経営のスピードがより重要とされてきています。海外のマーケットをいかに早く押さえ、また海外の人材や経営資源をいかに迅速に確保するかという問題への有効なアプローチとして、本セミナーではクロスボーダー(国境を越えた)M&Aの概要、手続き、実務上の注意点について、特に新興国を対象として解説いたします。

プログラム

1.概論
      (1)世界・日本におけるM&Aの潮流
               ・世界のM&Aの動向
               ・日本企業の新興国に対するM&Aの動向
      (2)主な買収スキーム
               ・M&Aの目的別形態
               ・M&Aによる海外進出のメリット・デメリット
               ・M&Aのスキーム
      (3)一般的なM&Aのプロセス
      (4)新興国特有の留意点
               ・外資規制対策

2.クロスボーダーM&Aの財務
      (1)財務デューデリジェンス
               ・財務デューデリジェンスの目的
               ・一般的な流れ
               ・他のデューデリジェンスや財務諸表監査との違い
               ・分析項目
      (2)買収価格の算定
               ・アプローチ方法
               ・IFRSについて
      (3)クロスボーダー・新興国特有の論点

3.クロスボーダーM&Aのリスクとその対応策
      (1)法務デューデリジェンス
               ・調査項目        
               ・調査項目別の対策例
               ・新興国特有の留意点
      (2)各種契約書
      (3)主要な条項

4.進出新興国別のM&Aの留意点の概略
      (1)進出国選択の着眼点
      (2)アジア
      (3)その他

※当日、会場にて『クロスボーダーM&A 新興国における投資動向・法律・外資規制』(TCG出版)を
   配布します。

受 講 料

会員:36,720円(本体 34,000円)/一般:39,960円(本体 37,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )