[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151693
1日で学ぶ 「年末調整」の実務と留意点

開催日時・会場

2015年11月09日(月曜日) 10:00~17:00
厚生会館(東京・麹町)

受講対象

人事、総務、経理・財務部門等をご担当の方

講 師

トムズ・コンサルタント株式会社 代表取締役 特定社会保険労務士  河西 知一氏

プログラム

      ★マイナンバー制度への対応、最新の改正点も踏まえ、
                     今年度の年末調整を適切に処理するために押さえておくべき実務ポイントを解説★

〔1〕年末調整のための予備知識
   1.給与所得とは
         (1)給与所得の対象となるもの
         (2)給与所得の対象とならないもの
         (3)給与規程との関連
         (4)時間外手当・その他の手当
         (5)現物給与・非課税給与
   2.給与から源泉されるもの
         (1)社会保険料の控除方法
         (2)標準報酬月額
         (3)標準賞与額
         (4)雇用保険料の徴収方法
         (5)住民税
   3.所得税の控除
         (1)税額表の利用
         (2)賞与時の所得税の計算方法
         (3)端数処理

〔2〕近年の改正点
   1.今年の改正点
   2.近年の改正点
   3.来年度以降適用の改正
   4.マイナンバー制度導入後の影響
         (1)給与計算業務
         (2)年末調整業務
         (3)給与支払い報告書業務
         (4)その他、留意点

〔3〕年末調整の実務と留意点
   1.年末調整の意味
         (1)年間所得の総計
         (2)年末調整の対象となる人、ならない人
   2.年末調整の事前準備(受理すべき申告書の受理と確認)
   3.年末調整各種控除額の取り扱い
         (1)配偶者控除
         (2)扶養親族
         (3)配偶者特別控除
         (4)所得者にかかる控除
         (5)社会保険料控除
         (6)生命保険料控除
         (7)地震保険料控除
         (8)住宅借入金等特別控除
         (9)年末調整では控除できない控除項目
                  【演習1】各種控除額の計算と申告書の記載
                  【演習2】寡婦の範囲

   4.年末調整と関連作業
         (1)中途退職・中途入社の人の取り扱い
         (2)その他特別な場合の年末調整
         (3)住民税の仕組みと徴収方法
         (4)過不足額の精算方法
         (5)超過額または不足額の処理
   5.年末調整の実際
         (1)演習
                  【演習3・4】実務演習
         (2)年末調整後の作業

〔4〕よくある間違い・勘違い
   1.業務委託と社員の違い
   2.雇用保険の基本手当は所得にならない
   3.老齢年金は所得となる
   4.一時所得となるもの
   5.退職金の所得税
   6.雇用保険の改正
   7.社会保険の改正
   8.海外勤務者の税金と社会保険
         (1)居住者・非居住者の概念
         (2)出国年の年末調整
         (3)出国後の報酬支払いがある場合
         (4)海外勤務者の年金保険
         (5)海外勤務が決定した者の雇用保険
         (6)海外勤務が決定した者と帯同する家族の雇用保険

※【演習】では電卓を使用しますので、セミナー当日ご持参ください。

受 講 料

会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516 )