[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151624
アジア企業との合弁契約をめぐるトラブルと紛争解決の留意点

 ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2015年11月04日(水曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画・総務部門・法務部門・海外事業部門等をご担当の方

講 師

シティユーワ法律事務所 スペシャル・カウンセル  前田 葉子氏

プログラム

開催にあたって

   企業がアジア進出を行う際、現地企業と合弁契約を結ぶことは有効な手段の一つですが、JVパートナーとの経営方針や経営権をめぐる対立、競合行為、贈賄などのコンプライアンス問題や、JV解散・清算時のトラブルなどから生じる万が一の紛争に備えた対策を講じておく必要があるといえます。
   本講座では、アジア各国の外資規制など最新の法制度や訴訟制度を踏まえ、現地企業との合弁契約をめぐる具体的トラブル事例と紛争解決の留意点を明らかにします。
   また、合弁契約作成(見直し)の際に重視すべきポイントについても、契約の不備から起こり得る様々なリスクを想定しながら実践的に検証していきます。

プログラム

Ⅰ.アジア各国の合弁契約に関する法改正の最新動向
      (1) JV(ジョイントベンチャー)の定義・目的と合弁契約の必要性
      (2) 合弁契約に関するアジア各国の法制度(外資規制、外資優遇制度・条約の有無など)
             ・タイの外国人事業法による規制と改正の動き
             ・シンガポールにおける法制度の概要
             ・インドネシアでの投資の全面禁止分野とネガティブリスト(2014年改定)における規制分野
             ・ベトナムにおける改正投資法・企業法の施行(2015年7月)
             ・中国における外資規制改定リストの発効(2015年4月)
             ・インドにおける外国直接投資(FDI)規制と株式譲渡の価格規制

Ⅱ.アジア企業との合弁契約における知的財産権に関する検討事項
      (1) 知的財産のライセンスと技術流出のリスク
             ・JVの設計により、JVパートナーが技術情報に触れないようにすることは可能か
             ・真に重要な技術情報は、ライセンスや開示を行わないようにすべきか
      (2) 競業避止義務の設定の適否(各国の法律上の制約)
      (3) ライセンス料と税法上の問題

Ⅲ.アジア企業との合弁契約をめぐるトラブル事例
      (1) 日本側の技術・ノウハウやブランドを使用した競業行為
             ・模倣品の販売、JV契約終了後の店舗デザインやビジネスモデルの流用など
             ・日本側が訴えられた事例
      (2) 相手方の貢献度と利益配分のギャップに起因するJVの解散・清算をめぐるトラブル
      (3) 外国公務員への贈賄などのコンプライアンス違反
      (4) JVの経営方針や経営権をめぐる争い
             ・JVの終了に関する規定の不備によるデッドロック

Ⅳ.紛争解決の留意点
      (1) アジア企業との紛争解決の選択肢(訴訟、仲裁、調停)
      (2) アジアにおける訴訟制度の概要と問題点
      (3) 日本裁判所専属管轄合意での解決
      (4) 仲裁による紛争解決
             ・仲裁のメリットとデメリット、仲裁地の重要性
             ・日本ないし第三国での仲裁を選択する場合の注意点(承認・執行への不安)
      (5) 事案に応じた紛争対応
             ・緊急性のある紛争か、裁判所所在国・相手国所在国の司法の質はどうか、など

Ⅴ.合弁契約の作成、及び既存の合弁契約を見直す際に重視すべきポイント
      (1) 出資比率
             ・出資比率は当事者の貢献度に見あったものか、出資比率決定後の補正は可能か、など
      (2) 権限配分に関する規定
             ・株主総会・取締役会・会長/社長間の権限の配分、株主総会・取締役会の決議要件など
      (3) 知的財産権に関する規定
      (4) 競業避止に関する規定
      (5) 汚職行為/コンプライアンス違反
      (6) 紛争解決条項
      (7) デッドロックに関する規定
      (8) JV終了時の規定
             ・株式の「公平な対価」の算定方法は適切か(算定方法の例)、など

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

田中(TEL 03-5215-3516 )