[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151627
ストレスチェックの導入・体制構築時の留意点・実務対応

開催日時・会場

2015年10月19日(月曜日) 14:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事、総務部門の方

講 師

株式会社ファーストリテイリング 統括産業医         浜口 伝博氏
株式会社MD.ネット       執行役員/EAPコンサルタント 高橋 裕之氏

プログラム

開催にあたって

      企業におけるメンタルヘルスを巡るトラブルは、年々増加の傾向にあります。そうした中、国は対策の一つと
   して、ストレスチェックと面接の実施を義務づける制度を創設しました。社員の定期的なストレス状況の検査、
   把握により個人のメンタルヘルス不調リスクの低減と検査集団ごとの集計・分析を行い、職場のストレス要因の
   評価、社内環境の改善を目的としています。
      本セミナーでは、2015年12月施行に向けた制度の概要・運用方法の早期理解と、そこから考える活用方法、
   留意点について、事前に運用している企業の事例や使用されている受検画面、管理者画面イメージを参考に具体
   的に詳解致します。

プログラム

1.ストレスチェック制度導入の背景と対応
      (1) 企業におけるメンタルヘルス問題の動向
      (2)ストレスチェックを活用した戦略的メンタルヘルス・マネジメント

2.制度施行に向けた体制構築の実務対応・留意点
      (1)制度理解のポイント
      (2)導入に向けた実務対応
      (3)制度運用時における留意点・実務対応
               ・プライバシーの保護と、従業員の診断データ取り扱いにおける留意点
               ・不利益取扱い(人事における診断データの取り扱い等)の防止、留意点
               ・職場不満があり、意図的に制度を利用しようとする社員への留意点
               ・キャリア上、高ストレス状態にならないように点数調整をする社員の場合

3.事前に運用している企業事例の紹介
      (1)受検者への案内・受検・結果までのプロセス・使用画面イメージ
      (2)管理者ページの活用イメージ
      (3)ストレスチェック受検者内の医師面談希望者の実際の割合
      (4)医師面談を行ってみて
      (5)制度を活用した組織分析・活用時の留意点

4.質疑応答

※EAPコンサルタント関連の方、関連業務支援ソフト営業の方はご参加いただけない場合がございます。
   ご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

喜友名(きゆな)(TEL 03-5215-3550 )