[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 151625
『監査等委員会設置会社』への移行をめぐる留意点と監査実務

開催日時・会場

2015年10月29日(木曜日) 10:00~16:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務・総務・監査・経営企画部門等ご担当の方

講 師

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士  塚本 英巨氏
クロウホーワス・グローバルリスクコンサルティング㈱ 代表取締役社長  毛利 正人氏

プログラム

開催にあたって

      社外取締役の導入促進策を盛り込む「改正会社法」や、独立社外取締役の複数選任を求める「コーポレートガバ
   ナンス・コード」の影響もあり、新たなガバナンス形態『監査等委員会設置会社』への移行を表明した企業は、当
   初の予想を上回る200社を超え、来年の株主総会シーズン終了後には、累計で400社前後に達するとの予測も
   出ています。
      本講座では、監査等委員会設置会社への来年以降の移行を検討中、又は既に移行を決定された企業様を対象に、
   必要となる決議事項など、実際の移行手続に関する実務と留意点を分かりやすく解説していきます。
      さらに、移行後の監査等委員会の運営をはじめ、意思決定の透明性・スピードを高め“攻めのガバナンス”を目指
   すための監査実務のあり方について、米国の上場企業等における先行事例なども紹介しながら、実践的に検証して
   いきます。

プログラム

■解説1/移行実務編(10:00-12:30)
   『監査等委員会設置会社への移行手続、移行後の実務と留意点』
      1.監査等委員会設置会社の概要と移行前の検討ポイント

            (1)監査等委員会設置会社の概要と制度創設の背景
            (2)どのような会社による移行が考えられるか ~既に移行を表明した上場会社の分析も踏まえて~
            (3)監査等委員会設置会社に移行するメリット

      2.監査等委員会設置会社への移行手続に関する実務と留意点
            (1)定款変更の内容の検討
                     ・監査等委員会を置く旨の定めのほかに何を定款に定める必要があるか
            (2)監査等委員会設置会社への移行に係る株主総会で決議すべき事項                     
                     ・定款変更、監査等委員である取締役の選任及びそれ以外の取締役の選任のほかに何を決議すべきか
            (3)その他、移行のための手続と留意点
                     ・移行前に置いている監査役について何らかの手続を経る必要があるか、
                        移行前から置いている会計監査人についてはどうか

      3.監査等委員会設置会社への移行後の実務と留意点
            (1)移行直後の取締役会で決議すべき事項
                     ・代表取締役の選定、当該会社の業務及び企業集団の業務の適正を確保するための体制                                          (=内部統制システム)の整備に関する決定など
            (2)移行直後の監査等委員会で決議すべき事項
                     ・監査方針・監査計画、「監査等委員会規則」の制定など
                     ・「監査等委員会規則」にはどのような事項が定められるか
            (3)監査等委員会における意見形成と意思決定プロセス
                     ・監査等委員でない取締役の選解任・辞任及び報酬についての意見決定プロセス

                     【講師】アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士  塚本 英巨 氏

■解説2/監査実務編(13:30-16:00)
   『失敗事例・米国の先行事例を踏まえた監査等委員会設置会社における監査実務』
      1.監査等委員会設置会社における“既存の内部統制・内部監査活用”について
            (1)監査等委員会設置会社と“攻めのガバナンス”
            (2)監査の対象範囲(適法性と妥当性、本体と国内・海外子会社)
            (3)監査役会設置会社との差異(内部統制の観点から再確認)

      2.過去および最近の失敗事例から学ぶ
            (1)会社本体における会計不正事案
            (2)子会社および孫会社における会計不正事案
            (3)何が欠けていたのか

      3.米国上場企業等における先行事例から学ぶ
            (1)米国企業の特徴、監査委員会のメンバー構成
            (2)内部統制整備と運用における役割
            (3)外部監査人との関係、その活用
            (4)内部監査部門との関係、その活用
            (5)内部通報制度における役割
            (6)監査委員会の運営実務

      4.まとめ
            (1)事例を踏まえた監査等委員会設置会社における監査実務
            (2)監査役会設置会社から移行する際の留意点

                     【講師】クロウホーワス・グローバルリスクコンサルティング㈱ 代表取締役社長 毛利 正人氏

※本セミナーの受講者には、副教材として講師(塚本弁護士)の著書『監査等委員会導入の実務』(商事法務)を
   当日配付いたします。
※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:44,280円(本体 41,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516 )