[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 150188
経営監査塾 第2回 (全8回)
内部監査体制の構築から年次計画のグランドデザインまで
-経営を支える内部監査を具体化する活動プロセスの設定 -

   ※本塾の全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2015年10月20日(火曜日) 14:00~17:00
日本出版クラブ会館(東京・飯田橋)

受講対象

内部監査、内部統制部門及び監査役室、リスクマネジメント担当部門 他の部門長、マネジャーの方々

講 師

公認会計士・公認内部監査人 藤井 範彰氏 

プログラム

■講義 <14:00-16:00>
内部監査体制の構築から年次計画のグランドデザインまで

      経営監査の実効性を上げるには、監査の技術や方法論などテクニカルな面だけでなく、むしろその成否を
   決める監査業務のマネジメントに留意すべきでしょう。とりわけ経営に貢献する内部監査体制の構築には、
   それを支える具体的なPDCAサイクルを設定して経営層からの見える化を図ることが重要です。
      そこでは監査の方法や技術論よりもまず、監査ジョブのマネジメント能力が問題となります。またそれを
   経営層のステークホルダーの意向に合わせて、年次のリスク評価や監査計画につなげる際には、それぞれの
   活動における技術ノウハウとそれを支えるインフラとともに経営の期待に整合した形で監査をデザインする
   プロジェクト管理能力が必要となります。
      これら一連のグランドデザインの検討が今回のテーマです。

      1.経営者志向の内部監査の管理プロセスの構築 -押さえるべきポイント
               -内部監査業務の管理のためのPDCA、参考となるIIAプラクティスガイドやガバナンス文書の活用
      2.年次リスク評価と監査計画へのつなぎ方 -どこにベクトルを合わせて何をどこまでやるか
               -リスク評価と計画のアプローチとその前提として必要なインフラ(手法、プロセス、書式等)
      3.監査パターン(経営監査、業務監査等)と年次計画のグランドデザイン
               -監査対応パターンのモデル化とグループ組織への展開手法

■講演をベースとした(グループ)ディスカッション&総括コメント <16:00 ―17:00>
           ~自由討議・意見交換の中から課題解決のノウハウ、ヒントを探り実践に繋げていただきます~

受 講 料

会員:28,080円(本体 26,000円)/一般:31,320円(本体 29,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516 )